スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
風林火山 戦国武将 武田信玄のTシャツ
昔の絵にかかれた武田信玄を見ると、プロレスラーみたいだったりしますが、詩歌も得意と伝わり、どうもシャレ好きだった人物に思えます。

武田信玄(1521~73)は甲斐国(山梨県)の大名でしたが、今から464年前に『甲州法度次第』という、領地内の法規をつくっています。法規の対象、つまりルールに縛られる人は信玄自身も入っていたりします。しかもなぜか地域に公開してあった法規というから、通常の独裁者とは違う理念を持っていたことがうかがえます。

風流な面を持つ信玄が戦旗に使った標語として有名な、風林火山のTシャツです。このプリントデザインでとても難しいのが、紫色の濃度です。

紫を濃くすると、白との濃度差が開くから目立ちます。ところが同時に黒文字が、その濃くした紫に埋没して目立たなくなります。だったらと逆に紫を薄くすると、黒文字はうまく引き立つ代わりに、今度は薄い紫自身が白に埋没します。

白、紫、黒の3色が連続する部分をきれいに見せるには、間を取りもつ紫にほどよい濃度が必要になります。仲立ち部分の中間的な色が濃すぎる失敗は、市販のTシャツにも意外にあるのです。

紫の部分は実は三次元データなので、ベタ塗りではなく微妙なグラデーションになっています。何回もテストしながら、この濃度にこぎつけましたが・・・


製品写真
風林火山 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2011/04/15 23:05】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
→http://xlady2.blog93.fc2.com/tb.php/45-32e904fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。