スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
皆既日食Tシャツ
夏もそろそろ終わりみたい・・・。
この夏、「2009.7.22」という年月日を小さく記したTシャツを出していました。

当日は、各地で部分日食が見られ、南の一部では皆既日食となって、TVやネットで中継していましたね。部分食では、地面に落ちる影がヘンテコな形になったり、木もれ日がにぎやかにきらめく怪現象が起きるのですが、薄曇りのところが多くてあまり観察されなかったみたい。暗くなるにつれて、街中の犬がワンワン吠えるはずなのに、朝から曇りがちのせいか静かでした。

皆既の時間が一番長いトカラ列島の悪石島は、避難命令が出たどしゃ降りの雨の中、真っ暗に。すっごーい。きれいに晴れた太平洋の船上の平和ぶりとは別世界で、日食の本来のインパクトを感じてしまいましたよ。上海も似ていて、「日食は雨天決行なの?」というトリビアがまたひとつ埋まりました。

昔の都市、ギリシャのアテネでは、賢人たちは、太陽が突然消えちゃう原理も予定も知っていたそうですね。知らない民族は、神が太陽を隠したと大騒ぎしたり、知識ある人を神の関係者(?)や超能力者とあがめて、財宝や主権を奪われてしまったそうな。今でいえば、悪霊説や宇宙人説というわけですかねえ。

この絵は、天体ショーを楽しむ優雅な近代ではなく、「世も末じゃー」と動転する古代のそぼくな気持ちを描いています。でも元絵は現代美術の壁画なので、絵柄が過密ぎみの、一段とレアなアートTシャツになりました。


製品写真
消えた太陽神 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/09/03 21:26】 | おもしろいTシャツ | page top↑
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。