スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ラグラン袖の帆船Tシャツ
ラグランTシャツに、実はあまり関心がなかったのですが、人が着ているのを見て「へー、いいね」と見直しました。

ピンとこない外来語って、たとえば「イナバウアー」みたいに人名に由来する名称が多いのですが、「ラグラン」も人名です。18世紀生まれのイギリスの元軍人フィッツロイ・サマーセット・ファースト・バロン・ラグラン氏(1788-1855)の注文に、仕立て職人が応じた服の作り方から、ラグラン袖というファッション用語が定着しているのだそうです。

普通のTシャツは、袖無しシャツに腕パーツをつけ足した構成になっていて、縫合は腕の付け根をぐるっと一周するだけ。ラグランTシャツは腕パーツの肩の側が長くて、首まで届きます。その結果、胴パーツと腕パーツを縫合する線が斜めに入ります(図参照)。

胴パーツを白のまま、腕パーツを黒やオレンジなどに変えると、ショップでよく見るラグランTシャツになります。見た目がスポーティーで、かすかにフォーマルな感じがあります。普通のTシャツは、丸首アンダーシャツに一瞬見えたりしますが、ラグランTシャツはいかにもアウターウェアに見えるのが特徴です。実際の着心地はしなやかです。


製品写真
帆船 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2010/06/28 02:09】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
→http://xlady2.blog93.fc2.com/tb.php/35-72b322c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。