スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
赤青緑カラーのプリントTシャツ
若者が車を買わなくなった、という報道を見かけるようになりました。原因として、個人経済や都市交通事情の変化など社会的要因も出てきますが、今の若者は車で自己主張しなくなったというような分析には、気になることもあります。

日本の車マーケットには、他国と比較して特異性がありまして、それは色がホワイトばかり売れる点です。二番目に売れる色はブラックですがガクッと少なく、他はSUVなどのグレーがやっとといいます。極端に片寄って、しかも無彩色中心という。グリーンやブラウンはまるで売れず、絶滅しかかっています。

その昔、後部ドアがはね上がるハッチバック式2ボックスカーのブームで、1500cc未満の赤がどんどん売れた頃もありますが、今では赤はKカーさえあまり出ません。大きい車も小さい車も、ほとんどが白ばかりで、少しだけが黒。

車の色をホワイトにする理由は、明るく清楚な白が好きだからと解釈はできます。でもこれって実は言い方で、色で他人に刺激を与えたくない心理の反映かも知れません。早い話が、「目立ちたくない」「注目されたくない」「印象に残りたくない」。だから白に「とどめる」という解釈。

これを読み解くには、「みんなと同じ色なら目立たない」という論理と、「白なら目立たない」という論理を分けた方がいいでしょう。大胆かつ、誰でも思いつきそうな仮説を言うなら、白の意味はつまり存在の無色透明化で、「私をスルーしてください」ということかも。

プリントTシャツも白が一番売れて、黒が二番目なので、車と同じです。そうはいっても、目立つプリント付きを選ぶのですから、目立たなくする目的ではないのでしょうね。単純に機能重視で、はっきりと見える視認性の高さが目当ての、白ベース、黒ベースかも知れません。

黒シャツを扱う販売店は、赤や青のカラーTシャツでは、白インクありとなしの両方を用意しています。赤や青は明度が中ぐらいなので、それを背景にしたら明度コントラストは黒よりは下がって、「絵力」は落ちます。その代わりに、特殊効果のように絵がおもしろく出る場合があります。

実はデザイン側の製品化手続きで、どの色のシャツがいいかを一色ずつ確かめるわけにもいかず、全色まとめてラインナップしたショップさんもあるんですよ。赤い絵を赤シャツに乗せてかすんでしまったなど、失敗同然のカラーが時々並んでいるのはそのせいです。でも、絵によっては偶然生じた、きわどい色バランスがイケたりもします。


製品写真
小さな時間01 妖精 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2010/05/15 00:33】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
→http://xlady2.blog93.fc2.com/tb.php/32-12abbb78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。