スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
絶版Tシャツのプレミアム価値
今年はたくさん失敗しました。まず、白シャツ用だった絵を黒シャツに使って、一部のロゴが妙に暗くなった失敗。また、うっかり不透明度をつけたままにして、そこだけ暗く陰った失敗もありました。どちらもアングラ調になってしまって。

ひどいというほどでもないのですが、やはり気になるので、絶版にして絵を差し替えることになります。ついでに、デザインをちょっと変えたりもします。その時点で、わずかに出荷されていた古い方は、非常にレアな存在となります。

前に話に出したエラー切手ならぬエラーTシャツとは、このような理由で早々と打ち切られたボツTシャツがいえるのかも知れません。

ちなみに、いくつかの販売店に供給中のデザインも、同一ではありません。特別仕様は別として、後で供給した絵は微妙に改変したりします。元絵にも別の良さがある場合には、先発の店の分は差し替えないので、店違いのバリエーションが生じます。

ところで、そもそも珍品Tシャツは、後で価値が出たりするのでしょうか。少し前に、オークションで百万円の値がついたTシャツがあったそうですが、どうも漫画家の手がきということです。やはり作者のネームバリューが絶対なのですね。

当店の中心は、現代美術作品を転写した物です。これが将来値上がりするには、3条件が必要になるでしょう。「出荷数が少ない」「後で同じものを作れない」「作品の価値が上がる」。

問題は、「作品の価値が上がる」という条件です。漫画と違って美術の場合は、作品に今の目で好感が持ててはいけません。しばしば指摘される、美術の歴史淘汰のお約束ですね。登場時に、感じの良い秀逸な美術は、消費されて長くは残りませんから。

さて、美術Tシャツにつく2通りのプレミアムを考えてきました。早期絶版となってつくプレミアムと、美術のバリューでつくプレミアム。そこを欲張って、2つともついたTシャツをつくり出せないかということです。

そして、唐突にこのTシャツです。これには初期型がありましたが、1枚出荷された後で、黒シャツ対応時にレンガの形とペンキの濃度と色空間を変えました。同じ版データは原理上存在しません。ポツンと世に出た1枚にプレミアムをつけようと考えて、来年は美術の方で攻めに入るということです。


製品写真
マイドリーム (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/12/24 15:27】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
→http://xlady2.blog93.fc2.com/tb.php/23-dcea9bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。