スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クリスマスのTシャツ
「サンタクロースは本当にいますか?」と、新聞社に質問が届いた、あの話です。「あたしの友だちは、いないと言います・・・」で始まった短い手紙。

「その友だちは間違っています。・・・サンタクロースはいるのです」と答えたのは、112年前のニューヨーク・サン新聞の社説でした。よく知られた美しいエピソードですね。

現代日本から見れば、この社説の中には気になる論法があります。「目に見えないからといって、存在しないとは限らない」というくだりです。

それ自体はいいのですが、「限らない」という部分否定の語法が、「要するに存在するということさ」と、全肯定に飛躍しがちな昨今を連想したからです。「私は金星に行ってきた」と誰かが言えば、「行かなかった証拠がないのなら、行ったってことだわ」と・・・

社説の文意は、「見えないものを信じる心がないと、人の大事なものを失ってしまう」という、比喩的なものです。無形の大事なものとは、志だとか思い出だとか、友情だとか愛だとか。夢も希望も、目には見えません。芸術だって目に映る物の勝負なら、単なる技能検定にすぎませんし。

当時、社説が出る11年前にはイギリスで電気自動車が発明され、6年前にはドイツでガソリン自動車が発明されたばかりです。社説までの20年間に、アメリカでは電話機、電球、発電機、録音機、映写機などの発明が続きます。

ガス灯を廃止し、電力線を引き始めて、家電時代の幕開けの最中。そんな科学急伸の時代背景を思うと、サンタクロースの社説に込められたものがみえてきます。

書いた記者自身は、面識のない何者かが煙突から家に入るとは思っていないはずで、話の持っていき方に苦心しています。真実との接点を探す、難しい作業だったことでしょう。架空のサンタクロースから、次々と話を広げて。

ところが歴史をひもとくと、サンタクロースはやっぱりいました・・・

セイント・ニコラウスなる人物が、起源400年頃の東ローマ帝国にいたという。貧しい家庭の娘が身売りに追い込まれる事態を聞きつけた彼が、深夜にその家の煙突から暖炉に金貨を投げ落とした伝説があります。

それとは別に、貧しい子どもたちにオモチャを配って回った男がいたという、トルコの民話もありました。

慈善活動や様々な寄附、里親やあしながおじさんなど、人間はニコラウスの精神をずっと受け継いで、皆で助け合ってきたのですね。サンタさんは昔からいたし、今もいてプレゼントを人々に贈り続けているのです。

クリスマスの主役はもちろんイエス・キリストですが、19日早いニコラウスの祝日が合流したことで、クリスマス行事は日本の子どもたちにもすぐに浸透しました。商業祭になったとの嘆きもある一方で、中東で起きた世界的な宗教の謎に大勢が触れ、色々と想像してみる機会にもなっています。


製品写真
小さな時間08 クリスマスツリー (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/11/27 07:57】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
→http://xlady2.blog93.fc2.com/tb.php/21-f6b80caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。