スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
景気を良くする縁起Tシャツ
不景気がなぜ続くかといえば、大勢の人が節約するからです。

大勢が節約に向かうのは、気分のせいだと言われます。自分の未来が暗く見える気分です。それも経済面。

自身の経済が暗く見える根拠は、給与や報酬のダウンです。今後は上がるか下がるか、そのままか。多くの人は警戒して物を買わなくなります。余裕がまだあったとしても。

物が売れなくなった企業は、支出を減らそうと給与や報酬をダウンし、スタッフを解雇します。当然税収も下がるから、役所も発注を減らします。こうして互いにお金を使わない方、使わない方へと、あおり合うわけです。この連鎖に大勢が加わって、余裕もなくなっていって、不景気が続くんですね。

「ええっ、今の不景気は、アメリカのサブプライムローンがこげついて生じた、各国金融機関の不良債権が原因じゃないの?」という声もあるでしょう。起きた原因はそうでも、続く原因は別です。「なぜ起きたか」よりも、「なぜ続くか」が切実なんです。

不景気の多くは、金融引き締め、つまり貸し制限に端を発しますが、しばらくすると消費冷え込みを受けての制限へと変化します。原因と結果が、入れ替わって玉突きし合って。やられてやり返すように、お金の動きがスローになった状態が不景気です。

この心因で内需は説明できても、外需の輸出分は別のようにみえます。でも国境をはずして考えると、世界的に大勢が節約するから、世界不景気が続くまでの話です。経済評論家が景気浮揚策を語れないのも、人の心の問題だからです。

ヨーロッパの高級ファッションブランドが、日本から撤退して中国などへ移転する話題が報じられています。日本が先進国の中で一番激しい不景気なのは、集団行動心理学の問題かも知れません。不景気を神が決めたかのように、従順に受け入れたら負け。今、日本は大負け状態です。勝たなければいけません。

景気の好転は、大勢が節約型から無駄づかい型へ変わった時です。物が売れると、給与や報酬は上がり、雇用は回復して、税収も上がります。無駄づかいとは、なくても生きていける物まで買ったり、高額商品を買うことです。たとえばひかえていた旅行を再開したり、減らした飲み会を増やすとか、もらって済ませたカレンダーや手帳を買い始めるとか。おにぎりだけでなく、サラダも買うとか。

物欲を捨てたシンプルライフも魅力です。でも、全員が同時にやれば、経済はつぶれます。たとえば飢餓の国を訪れた人は、帰国してしばらくは暮らしを質素に改めるものです。これは資源保護にはなれど、飢餓の国からも物を買わない方向ですから、飢餓を悪化させるわけです。国内でこの循環が起きています。とても難しい問題ですが、不景気から出る方法自体は、答はいつも同じです。

無駄づかい型商品の一種であるプリントTシャツで、景気を上げる風景を作りました。Tシャツだけで、天気を回復しようと考えたわけです。明日はきっと晴れると信じています。


製品写真
夕焼けの海 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品
スポンサーサイト

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/10/29 17:11】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
ドロップシッピングTシャツは何が違う
ドロップシッピングTシャツサイト店には、絵がたくさん集まってきます。これが最大のメリットになっています。

ドロップシッピングとは、ひとつの親店と何百件かの子店で構成されるネット百貨店です。モールとは違い、商品は全て親店が調達し、その中から子店が選んで売ります。このネット百貨店は、2つの型に分かれます。Yシャツ型とTシャツ型です。

Yシャツ型では、単純に既製品を売ります。いっぽうTシャツ型では、既製品に子店が作った絵をプリントし、オリジナル商品を作ります。このため、子店同士は商品が全て異なります。子店はほぼ全員が、デザイン業者か関係者です。

親店と子店の分担体制は、親店が「仕入れ」「プリント」「出荷」「決済」「宣伝の一部」、子店が「企画デザイン」「宣伝の大部分」を受け持ちます。この体制は、デザインを外注するネットTシャツ店と大差ありません。決定的に違うのは、デザイン提携事務をコンピュータープログラムソフトが自動的に行う点です。

事務部門がロボット化されることで、全国からデザインが公募できます。普通のネットTシャツ店はデザインが200種類あればかなり多い方ですが、ドロップシッピングTシャツ店では、10000種類以上集まります。30分間に1種類ぐらいのペースで増え続けています。

何百もある子店は、デザイン傾向やテーマも切り口も違うから、全部合わせるとどんな絵でも置いてある一大ショップになります。ただし制約もあって、絵の位置は胸と背中に限られ、肩や側面にプリントできないし、ろうけつ染めなどの手作りも今のところありません。だから4000円を超える高価なTシャツもまずありません。

数が増えると気になるのは質ですが、レベルは上がっていきます。多くの絵の中で比較され、勝負になるせいです。ショップページからリンクをたどれば、子店の本舗に行けますが、従来のネットTシャツ店が多く入っていることがわかります。

粗末な絵がまぎれ込む心配は、本舗の信頼度で推測できます。もっとも、データ規模が基準に達しない粗い絵や、色が濃すぎたり薄すぎたりする絵は、親店が却下するようにもなっているんですよ。

絵の中の線が細すぎると、Tシャツに印刷されても見えません。また色が薄すぎると、白Tシャツを着た時のシワの影に混じって、絵の全体像がつかめなくなります。精巧なプリンターの威力で、どんな絵でもフルカラーTシャツにできて、シルクスクリーンにはないグラデーションや細かい描き込みが出せますが、その分全体バランスも重要です。

その全体バランス具合は、画面で普通にチェックできます。Tシャツ見本の縮小した粗い画像で絵が明瞭に見えたら、完成品は明瞭できれいです。ただし色のあざやかさだけは、見本よりは地味になります。というか、見本は不自然に色が派手です。

さて、Tシャツの絵にしにくいものに帆船があります。白い帆と細いロープを表現しにくく、それらしく見える距離も限られるせいもあります。ここではコマーシャルな方向ではなく、アートな方向としました。


製品写真
帆船 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/10/12 03:56】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
本当にあった怖い話のTシャツ
怪談話には、いつだって乗り気です。

ある夜、友人と2人で郊外の暗い道を歩いていた時のこと。まだ深夜まではいかない時間帯。

中学校らしき敷地の前面道路を、通過しようとしたその時。校舎の4階廊下を見上げながら、突然2人とも、同時に声をあげました。

ガラスごしに見える校舎内の真っ暗な廊下を、白くぼんやり光る人物が、2人と並行するようにスーッとついてきたのです。スーッと・・・

「キャー出たー」と2人は顔を見合わせ、転げるように走って、ほうほうのていで川岸の粗末な小屋へ駆け込むと、「今のはきっとそうだね」と再び顔を見合わせ、「ここまで来れば大丈夫」と安堵の表情でいろりに火をおこしながら、「今夜はもう遅いからここで泊まろうや」と源さん・・・。明治初期の怪談話なら、こんな感じかも。

「キャー出たー」と2人は顔を見合わせ、すぐに道を引き返しました。逃げるのではなく、再現性を調べるためです。何が出たかを確認しないと始まりませんし、何かの見間違いということもあるからです。

引き返してみると、「また出たー」「わぁー」。白くぼんやり光る人の姿らしきものは、やっぱり4階の廊下内に立っています。試しに逆方向へ歩けば、逆方向へ並行してついて来るのです。同じコースを歩き直してみると、一瞬ゾッとするような目撃体験を何度でもくり返すことができました。

白く光るものを見ながら足を止めて、次にあっちへ動き、こっちへ動き。すると、白いものも反応よくあっち、こっちと動いてついてきます。やっとわかりました。白いものの正体は天界でした。魔界ではなく天界。

白いものは大宇宙だったのです。

4階廊下の向こう側に実は教室はなく、ただの空中、つまり戸外であることを確かめました。つまり、廊下のこちら側はガラス、向こう側は壁になっていて、その壁に縦長の窓がポツンとあります。2人はそこから、壁の向こうの夜空を見通していたわけです。

窓の夜空が2人の動きについてきた理由は、もちろん視差のトリックです。たとえば、月夜の道を歩いても歩いても月がついてきて、近くの家や街灯を次々と追い抜く現象と同じですね。夜空の部分は、廊下の幅の分だけ遠くにありました。

それにしても、なぜ暗い夜空が白く光って見えたのでしょうか。あんなに暗いのに。

原因は「明度の対比」という視覚のいたずらです。見上げた廊下の内壁は、光が当たらず真っ暗同然です。いっぽう、郊外の町の夜空はいくら暗いといっても、暗黒よりはわずかでも明るいグレーだから、対比的にぼーっと白く光って見えたというわけ。

「これじゃ誰だって驚くし、だまされるよね」と、2人で感心しました。

このTシャツは、そんな視覚の特性を応用したサイエンスです。2羽のうさぎのグレーは全く同じ濃さなのに、ずいぶん違って見えます。

ついでに絵が顔に見えるのは、最近名が知れたシミュラクラ現象です。逆三角の配置に3つの物を置くと、物が何であっても関係なしに人の顔に見えてしまう脳のはたらきです。写真にまつわる怪談の多くは、これが基盤になっています。写真を横に倒したり、天地逆にすると、解消してしまいます。


製品写真
うさぎはやっぱり同じ色 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/10/09 14:51】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
ハロウィンTシャツ
ハロウィン祭に縁遠かったせいか、ケルト文化だとは知りませんでした。

ケルトとは人種区分ではなく文化圏で、地理的分布はイギリス、フランス、スペインなど西欧から、黒海に面したウクライナやルーマニアまで広がります。紀元前にローマ帝国に支配されますが、今ではイギリスを構成するウェールズ、スコットランド、アイルランドの伝統というイメージで語られることもあります。

ケルトは芸術分野では異色のキャラです。第一に抽象造形が得意で、いわゆるケルト紋様と呼ばれる、一見唐草ふうながら渦を巻くようなパターンが有名。その紋様をまじえて構成した、抽象的な動物や怪獣の図などが残されています。

細かいのに平板にならず、異様に彫りが深いクールな造形手法は反西洋的で、どことなく中南米ペルーやメキシコの中世美術を連想させます。ヨーロッパ美術といえば、カメラへと結晶させた写実具象や、モヤモヤした印象派ばかりを浮かべますが、ケルト美術はむしろアブストラクトのモダンアートに近い感じ。

そんなケルトの暮らしでは、古代のおおみそか10月31日に、秋の収穫祭が行われていました。しかも日本の盆と同様、先祖の霊が家に帰る日です。いっぽう、カトリック教会の行事「万聖節」の前夜祭も同じ日だったので、ケルト祭と合わさって後のハロウィン祭になったそう。

2つの祭が合併した発端は、今から1408年前にローマ教皇がケルト人に、カトリック布教の進言を行った時だともいいます。その時、日本は飛鳥時代の初期で、聖徳太子27歳。

カブをくりぬいた灯り「ジャック・オー・ランタン」の物語は、アメリカでカボチャに取り替えられます。本来は魔よけなのに、逆に悪魔の一味にしてしまったり。仮装した人々も、魔物役と魔物退治役がごちゃごちゃです。善悪入り乱れ、アレンジ自由なところも、庶民祭のいい面ですね。

このようにハロウィン祭は、各地のしきたりや風土と混じって、作法や意味づけが少しずつつけ足されています。この垣根の低さと柔軟性の高さの原因は、悪魔パワーへの畏怖と、それをやっつける人の構図が、誰にでもわかりやすいからでしょうね。

既存の宗教や思想とバッティングしてハロウィン禁止の国もありますが、日本の神様は何しろ世界一寛容。教会行事と別立てのハロウィンですから、在来のお化けたちや、鬼太郎らの妖怪グループとも合流するでしょう。時間がたてば、クリスマスみたいに帰化して、景気祈願のイベントにでもなっているかも知れません。


製品写真
ハッピーハロウィン (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/10/07 22:50】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
シンデレラのバレエTシャツ
バレエといえば、一番人気はもちろん『白鳥の湖』ですね。

じゃあ「バレエ音楽」といえば、実はこれも『白鳥の湖』が世評でトップなんです。150分近くもワクワクさせる小曲群の完成度はびっくりで、チャイコフスキーは100年に1人のメロディーメーカーといえるでしょう。実はバレエ台本も、ムゼウスの童話を元に、彼が書いたんですよ。

バレエ音楽から入って、バレエ鑑賞に進む人はけっこういますが、バレエ音楽がすご腕のもう1人といえば、プロコフィエフです。プロコフィエフにも3大バレエがあって、古い順に『ロメオとジュリエット』『シンデレラ』『石の花』。中でも振り付け(踊りと動きの演出)の独自性を競う人気演目が、『シンデレラ』です。

見せ場のひとつは、遅れて到着したシンデレラが、豪華けんらんな会場に驚いた、その次にくる『グランド・ワルツ』という曲。他国の王子たちとシンデレラは順に手合わせし、最後に主催の王子と踊って、恋に落ちるところ。公演が小規模であっても、とてもきれいです。

もうひとつの見せ場は、宴の興がすすんで2人が意気投合し、全員で祝福の踊りとなる『ワルツ・コーダ』。王子が妃を指名するハッピーエンドへ向かってまっしぐら。ところが、突然2人は引き裂かれ、宴はメチャクチャになるんですね。

舞台は暗転し、時計が刻むコチコチ音が響いて、異様な緊迫へ。時を告げる鐘がゆっくりと鳴り始めると、パニックのシンデレラは魔法使いの注意を思い出し、騒然とした会場から逃げ出します。子ども向けの絵本では、ボロ服の少女がはだしで走る石畳を、馬車馬から戻ったネズミもチョロチョロ逃げていました。

バレエの基盤は音楽ですが、プロコフィエフのバレエ曲には特徴があります。まず、とびきりキュートでインテリジェント。何といいますか、胸にくるような愛らしいメロディーを、シャキッと出してくる。かわいらしいのに雰囲気が知的で、お子様向けにならないんです。

バレエ曲『シンデレラ』は、かわいさ、新鮮さ、神秘的な上に、後のサスペンス映画音楽に影響を与えた、現代的な仕掛けが山盛りです。たとえば一定のメロディーが上下動する間に、伴奏の和音が少しずつズレて、全体のハーモニーがしだいに変転するファンタジー感があります。

またメロディーが急に一個だけ半音下がって、当てる和音もガクッと変わるトリッキーな展開がよくあります。事件発生って感じ。こうして曲全体が三次元的にねじれるように変形して、いつしか意外な場所に着いて、「思えば遠くへ来たもんだ」ってなるわけです。

ちなみにバレエのリハーサルは、ピアノ演奏に合わせます。断片的な踊りの練習だと、音楽ソフトは頭出しに手間取るので、専属ピアニストが生演奏します。

この時ピアノで弾く『シンデレラ』には、キャッチーな美しいメロディーのバックで、ギョッとする不協和音の混濁が発生します。ポップスにはない、何かが壊れている感じ。それがオーケストラではいいバランスに聴こえて、恋に潜む不安感情にうまーくマッチするんですよ。

このTシャツは、『シンデレラ』の午前0時で使う舞台美術が元です。ピアノ版の印象どおり荒く分解されています。ポアントで立つアラベスク姿勢あたりが普通なのに、全く違う異端の画。『白鳥の湖』ならここまでメカニカルにはならなかったでしょう。


製品写真
真夜中の柱時計02 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/10/03 10:41】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
スキーのTシャツ
スキーが変わったこと、ご存知でしょうか。

冬期オリンピックのテレビ番組でスキー競技が特集されたり、職場でもたまに話題になることがありますよね。すると上司の何人かが、「スキーならやったことあるよ」というケースが多くないでしょうか。「俺、スキーサークルにいたぞ」とか、言い出したりして。

「えーっ、まさかあなたも」と、真面目っぽい上司までが、スキー経験組だったりします。これには理由がちゃんとあって、その上司たちが若い頃に、前代未聞の大ブームがあったからです。

そんな経験組たちは、今はこう言うでしょう。「それなりにおもしろかったけど、まあその程度かな」「スキーはもうやめてる」。中には、「しんどいだけ」「散々」と言う声もありそう。でも信じちゃだめ。その証言ははずれています。

なぜ、体験にもとづいた貴重な証言が的はずれなのか。それは簡単な話で、その方々がスキーをやめた後で、スキー板が変わったんです。不安定ですぐ転倒するスキー板から、安定して転ばず上手に滑れる板へと、モデルチェンジしたのですね。

スキー板の仕様が似て非なる設計へと大転換して、全世界の全メーカーの全製品が、残らず一新されたんですよ。あっという間に、新設計へ総入れ替えされました。これほどのスキー道具の大改革は、100年ぶりだから驚き。

職場で耳にする体験談は、改革前のスキー板での苦労話です。今はそのスキー板は買えないし、レンタルもできません。上司たちを困らせたスキー板はすでに撲滅されて、新しい板しか見なくなりました。

ここでひとつ耳寄り情報を。今ショップに並ぶ新型スキー板は、実はまだ一度もスキーブームを経験していません。古い方のスキー板は、1930年代、50年代、60年代、70年代、90年前後と、少なくとも5回の大小ブームを起こし、約100年間君臨しました。

ちなみに60年代のスキーブームは、『アルプスの若大将(1966年)』『白い恋人たち(1968年)』『女王陛下の007(1969年)』、90年前後のブームは『私をスキーに連れてって(1987年)』というように、ブームの火に映画が油を注いでいます。もちろんスキー板は全部、古い方。

その古い100年が終わって、新しい100年が始まってから12年目の冬が、バンクーバー五輪に当たります。でも日本のレジャーシーンでは、この新兵器はまだ切られていない切り札です。初回ブームへ向けて、次期プリンスとして潜伏しているわけですね。

つまり、今から新しい板で始めておけば、最初のブームが来た時に、スキー先生やスキー教授となって一躍ヒーローになれます。ブームの渦中で尊敬される人は、ブーム以前から続けていた人だけですものね。以上、南国の目立ちたがり屋さんへのアドバイスでした。

新しいスキー板では、この絵のワザが増えました。人間がまるで「雪ぞり」になって、車両みたいに安定したフィーリングで、スーイスイと回転していきます。昔はワールドカップ限定の神ワザでしたが、新しい板では皆さんの手に届きます。


製品写真
スキー100年 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/10/01 01:56】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。