スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
Tシャツデザインのカラー、RGBとCMYK
CMYKには、表示色がおかしくなる問題があります。以前ネットで調べても、この現象について書いたサイトやブログは見つかりませんでした。

DTPビジネスシーンでは、4色カラーレーザープリンターで印刷する時に、次のどれかで対応します。
 ・ 絵を最初からCMYKデータで作っておく
 ・ RGBデータで作ってCMYK変換する
 ・ 最後までRGBのまま、印刷ドライバソフトにCMYK換算させる

業務用Tシャツプリンターも4色ですが、最後の方法は選べず、できる限りCMYKデータを入稿します。ここで、表示色がおかしくなる影響を受けてしまうのです。

ところで、「CMYKは色がおかしい」という話は、RGBとCMYKの差の説明ばかり見ます。いわく、「CMYKでは出せる色の幅が狭い」「色が地味に沈み、輝きが失われる・・・」。でも、その話じゃないんです。CMYKデータの画面発色があやふやになる話です。

RGBデータはどのソフトでも同じに映るのに、CMYKデータはソフトによって違って映るんです。絵をどのソフトで見るかによって色がまちまちで、印刷結果を大づかみに予想することさえできません。

まず実験しましょう。RGBデータで真っ赤な正方形を描きます。プロならすぐに、R=255、G=0、B=0の数値が浮かぶでしょう。この正方形を色々なソフトで画面表示して、何色に見えるかが問題なのです。印刷結果ではなく、あくまでも画面表示の話ですよ。

RGB正方形と、「Photoshop」で色変換したCMYK正方形。この2つを、5種のソフト「Photoshop」「Paintshop Pro」「Microsoft Paint」「Kodac Imaging Preview」「Vix」で画面に映し、各々の絵をキャプチャしてRGB値を測定します。全部で2×5=10とおりの、RGB測定値が出ます。

RGB正方形を映すと、5ソフトとも255,0、0で、見た目も一致します。そりゃ当然で、RGB数値はモニター用数値とイコールなので、何も足さない、何も引かない・・・

ところがCMYK正方形を映すと、5ソフトは一致しません。見た目もピンクからマルーンまで、呼ぶべき色名まで変わってしまいます。具体的な測定値は、

 ・ Photoshop            227,27,55
 ・ Paintshop Pro          255,22,73
 ・ Microsoft Paint         121,20,77
 ・ Kodac Imaging Preview    241,29,65
 ・ Vix                 255,15,58

念を押しますが、RGBとCMYKの不一致は当たり前なので、問題じゃありません。問題は、CMYKデータが5種のソフトで好き勝手な色に映ることです。

その原因は簡単です。CMYKデータは、パソコン内でいちいちRGB換算され映されます。この換算プログラムをOSが持っていないので、各ソフトの自己流でまちまちに映るわけです。紙や布にどんな感じの色でプリントされるか、画面を目安にすると当たり外れが起きます。

しかも一部ソフトが映した画面には、あってはならないCMYK禁止色が山盛りで、こんなにアバウトな表示では、ほとんどカラーフェイリアを起こしていますよね。

これが、Tシャツのネット用カタログに影響します。製造側は印刷用データから完成予想Tシャツ姿図を自動作成しますが、納入CMYKを簡易的にキャプチャしてRGBに戻す場合、簡易ソフトがアバウトだとド派手な色に化け、製品の色センスを誤解されるかも知れません。

具体的には、CMYKの水色は、明るいグリーンに映り化けします。オレンジを暗くした赤さび系のCMYK茶色は、濃いピンク色に映り化けします。全体が決まった色に片寄るのではなく、色ごとに強調される方向が違います。印刷結果はもちろん地味な色です。

デザイン側の対処法は、せいぜいCMYKから書き戻して正しく地味なRGBをつくり、「こちらが印刷結果に近い色ですよ」と補足説明をつける程度しかできません。このページのTシャツ姿図はその方法ですが、1枚に手間がかかりますね。

この問題を終わらせる唯一の方法は、OSがCMYK解釈プログラムを標準装備することです。

以上、ややこしい話題でしたが、秋は考える季節なので、Tシャツにも考える絵を用意しました。


製品写真
星と三角 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品
スポンサーサイト

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/09/25 23:04】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
Tシャツは男性ファッションか
「Tシャツは一個の文化」という視点はよくありますが、「Tシャツに表れる文化」という視点もあります。Tシャツをウォッチングすれば世相がわかるという、一種の考現学です。

たとえば、ネット通販プリントTシャツには、男性的な絵が多い気がしないでしょうか。街のTシャツ店にくらべて、ネット店にその傾向を感じますよ。

特にインディーズ系Tシャツには、企業戦士の士気高揚ネタと悲哀ネタ、人生訓や誓いがたくさん見つかります。時事ネタも多くて、新聞の見出しそのままのようなロゴも目にします。そしてやっぱり多いのが政治ネタ。

闘争や勝負、努力と根性を扱ったものも多いようで、豪壮で無骨な男の世界が反映した絵と言葉が並びます。武士道プラス男はつらいよ。家事や子育てネタを見ないのはわかるとしても、個人的な闘いをテーマにしたデザインが多くリリースされています。

そうなる原因は、小さい画像を見て選ぶネットの制約で、強くたくましいデザインが有利だからでしょうか。あるいパソコン操作に馴れた男性会社員が、お客様に多いせいでしょうか。うーん、それもあるでしょうが、そもそもTシャツ自体がメンズファッションなのではないかと・・・

今年、Tシャツの季節と重なったレディースファッションといえば・・・たとえばトレンカがありますね。20年ほど前に、スポーツ用レオタードのボトムとして、スソが輪状になったロングパンツがヒットして、綿製のカジュアル型もブームになりました。今回は輪状ではなく穴タイプが火をつけて、2009年の5月ごろからネット販売ページが激増しました。

メンズのこういうカジュアルボトムの流行は、20年前も今もありません。プロスポーツ用を除けば、男性向けトレンカ系パンツは試作販売してすぐ撤退して全滅しています。男性が食指を動かす私服のファッション小物は限られ、インナー類と運動靴と野球帽以外では、Tシャツぐらいかも知れません。

とすれば、「ネットで売れるTシャツ」にもこの傾向がある程度反映すると考えられます。この状況をデザイナー側からみると、女性客にアピールして市場を広げるデザインと、男性客にとどめて市場を保守するデザインとに、大別できるといえます。

おもしろいことに、「挑戦」と書いたTシャツは、それ自体は客層の開拓に挑戦していないという、変な話になったりします。ネットTシャツに限るなら、ハートウォームなおとなしい絵の方が、限界を広げるチャレンジを意味するわけです。

さて、男性的、女性的の対称軸からかけ離れた、意味不明のシリーズがこれです。1990年代の実験CG絵画を白バックに直して転写。アメリカ西部を連想させる要素以外に、この世の何とも関連性のないものです。


製品写真
赤い表情12 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/09/21 14:04】 | おもしろいTシャツ | トラックバック(0) | page top↑
Tシャツアート展と砂浜美術館
「Tシャツアート展」という同名のイベントが、全国にいくつかあります。高知県の『砂浜美術館』が長続きしていて、SINCE1989だそうです。

「ああ、あれでしょ、砂浜にTシャツをあれしてる・・・」。海辺の砂に柱を立て、ロープをたくさん張って、洗濯物のようにプリントTシャツを並べた光景が、すでにトレードマークになっています。青空を背に太平洋の潮風になびくTシャツたちを、お客さんは見上げて鑑賞します。

プリントTシャツをキャンバスに見立てて絵を競うのは、美術的にみると原点回帰的なものがあります。なぜって、現代美術は、絵に物が接着してあったり、モーターでぐるぐる回るとか、人が近づくと音が鳴ったり、造形以外のトンデモで気を引く趣向が多いでしょ。

ついでに、現代美術の困ったパターン。たとえば、ヒキガエルの彫刻が会場の顔役となっていて、観客がドギモを抜かれる・・・見れば高さ7メートル。そりゃ、サイズがドギモですもの。仮に縮小した姿で考えると、形が平凡すぎるなんてザラ。

これがTシャツだと、みんなが30センチ四方で勝負します。音は出ないし、2メートルのTシャツを持ち込む人もいません。説明書でわからせるコンセプチュアル系も無駄な抵抗。現代美術なら真っ先に現れそうな、「絵は内側にプリントしています」式のトンチもダメ。

Tシャツの色を白に限るイベントもあります。こうして、現代美術特有の「世界初挑戦」やら、「あちらの世界でひとり相撲」という唯我独尊的孤高が封じられ、皆が同じ土俵に乗ります。

すると、ある傾向が作品に出てきます。制約が多いほど、心温まる作品が出てくるんですね。制約をなくせばなくすほど、すさんだ作品が出てきます。

Tシャツアート展も、味わい深い優しい絵が多いようです。食べ物でいえば手打ちそばや湯豆腐のような。逆に売り上げを競う商用Tシャツは、きつい感じの絵が多いでしょ。食べ物でいえば、キャンデーやチョコレート、激辛カレーのような。

同じ競い合いでも、アートという語がつくだけで、作風が大きく変わるみたいです。

『砂浜美術館』もまた、町おこしの一環になりました。ゆえに、郷土づくりの推進力や、地場産業につなげたり、名物として広域で定着させるのに、総合プランと総力を要することでしょう。やれそうなことは色々と思い浮かびますが、立ちはだかる難題も色々と思い浮かびます。

湯豆腐がチョコケーキに食われていくかのように、日本の地域社会はもう何十年も、大都市の刺激的な事物に圧(お)され続けました。癒しのTシャツアート展がどう跳躍していくか。すでに海外遠征Tシャツ展とも連携しているという、砂浜美術館を応援しています。(砂浜美術館)(Tシャツアート展の記事

ここで、湯豆腐のごとくインパクトが弱い癒しTシャツをひとつ。砂浜といえば凧あげを思い出しまして、このパンダTシャツを選びました。


製品写真
小さな時間10 パンダの凧 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/09/16 18:10】 | おもしろいTシャツ | page top↑
横笛Tシャツは天高く
楽器は、横笛が好き。

そぼくな音色。深い響き。フワッと広がる余韻が、空気にしみ込むような・・・。しんみりと繊細な調べが、あたりの風景をただよい、霧のように消えていく・・・

「祭り囃子の笛太鼓・・・」というぐらいで、古代からある横笛には各地に物語もたくさんあるようで、何よりも土地の香りがします。

手塚治虫の『火の鳥ヤマト編』に、横笛が出てきます。

ヤマトの国から火の国へ送り込まれたヤマトオグナが、あることを思いついて、夜ごとに湖の小島に泳ぎ渡ります。笛の調べを聴かせながら、燃えるように熱い火の鳥に少しずつ近寄っていき、手なづけようとするオグナ。逃げもせずに、耳を傾ける火の鳥・・・

オグナの笛は中寄りに歌口があって、左右を手で持つ絵でしたが、一般的な横笛は、両手を右に構えます。文化人類学の世界道具史によくあるパターンどおり、横笛もまたインド発祥のようで、日本で洗練されたそう。

奈良時代には、龍笛(りゅうてき)という横笛が作られました。次の平安時代、紫式部の『源氏物語』に登場する笛もこの龍笛が多いらしく、今でも雅楽で活躍する長い歴史を誇ります。「龍」の名は、出せる音域が広く高く、天に昇る龍をイメージさせるからだそうな。笛自体は機能的な筒形です。

竹の龍笛は、古くに日本からシルクロードを西へ伝って、ドイツにて超合金メカでパワーアップされます。それが、今普通にクラシック音楽で使われるフルートだということです。

フルートが主役の曲として、ビゼーの『アルルの女組曲-メヌエット』と、『カルメン組曲-間奏曲』が知られます。ともにのどかな曲ですが、同じ『カルメン組曲』でも、『セギディーリャ』の冒頭2小節や、『ジプシーの踊り』のイントロは、一発入魂のフルートが美しすぎるほど輝きます。

『セギディーリャ』とは、スペインにある三拍子の踊りです。『ジプシーの踊り』の方は、「男の不思議な伴奏に反応した娘が踊り出し、歌と舞いがぐんぐん乗って、場が陶酔していく」様子を唱う情熱的な曲です。ともに先導するフルートの、もの悲しさを帯びた高揚感が駆け抜けます。

この絵の原画は、キャンバスに筆でかかれていて、暗い緑を背景に、哀愁混じりの高揚感が強く出ています。Tシャツでは、白地に替えてハッピーなアレンジとしました。


製品写真
小さな時間09 横笛 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/09/14 21:42】 | おもしろいTシャツ | page top↑
エラーTシャツは存在するか
切手を集めたことがある人はいますか。

浮世絵シリーズや国宝シリーズのような、きれいで値打ちが上がっている大型記念切手に、誰でも一度はあこがれますよね。紫色の『月に雁』と、セピアの『見返り美人』。でもこの世界のマニアは、もっと珍しい「エラー切手」を探すのだそうで。

エラー切手とは、最終チェックをすり抜けた失敗作が、郵便局などで売られてしまったもの。チェックでハネて回収しておきながら、手違いで外へ出た場合もあるそうです。人物画で右ききと左ききを間違えて描いたなどはエラーとはいえず、ごく局地的なハプニングほど珍重されるようですね。

有名なのは「逆さまジェニー」という、1918年アメリカの航空切手です。複葉機をうっかり天地逆に印刷した版が、わずか1シートだけ流出し、目打ちで切り離されて世に拡散した100枚だそう。日本のエラー切手は「キ半銭」が有名で、1円の半分に当たる「半銭」の漢字の点々を、一部の版だけ担当者が彫り忘れた1872年の通常切手です。

ところで切手と同様、Tシャツも印刷物です。ならば、チェックをすり抜けたエラーTシャツも、あってよさそうです。「あらまっ、このTシャツ、この1枚だけ絵が逆さまよ・・・」。

エラーの語で調べてみますと、あるのはパソコンのエラーメッセージTシャツぐらい。ところがその後、「マルチプリントTシャツ」なるものを発見しました。「試し刷り」とありますが、これはいったい・・・

マルチプリントTシャツの正体は、本番前にテストプリントした時のTシャツです。成果品じゃないし、試作品とも違います。印刷直前の練習みたいなもの。ゴミ箱行きにならずに、なぜか命を得て店頭にたどり着いたものらしい。犠牲にする1着をなるべく有効利用しようと、別の絵を重ねつつ散らしつつ・・・。まるで落書きバトルみたい。

美術界には「ガラクタ集積の美」というべき反逆アートがありまして・・・。たとえば家電ゴミを積み上げたとか。そんなガラクタアートのゴチャゴチャに、マルチプリントTシャツは一見似ていますが、個々の絵自体は売り物と同じで、きれいです。

そんなマルチプリントTシャツの1着は、ロックバンドの詰め合わせ。イギリスのイエスやEL&Pなど、複雑な演奏と自前の長尺曲で天下を取った大物がこんなところに・・・。レコードやCDを持っていれば、このTシャツを分析して遊べそうですね。

そのEL&Pの図柄は、セカンドアルバム『タルカス』から引用されています。火山の噴火で生まれたタルカスは、無限軌道と砲塔を備えた機械生物。次々と怪獣を倒しますが、さそりの尾を持つ人面ライオン「マンティコア」に刺されてしまい、壊されて海中へ沈みゆく・・・あわれー。

アルバムコンセプトでは、タルカスは破壊のシンボルです。ピアノとキーボードのキース・エマーソンは当時のインタビューで、核の力と世界の破滅についても「ヒロシマ」の語とともに触れていました。飛行船がプリントされたレッド・ツェッペリンの場合もそうでしたが、冷戦の危機が音楽モチーフの根底に潜んでいたのかも知れませんね。
VINTAGE T-SHIRTS T-BOY メニューのSPECIALページ参照)。

『月に雁』から話が次々移りましたが、絵は全然関係なくサーファーものです。


製品写真
小さな時間05 サーファー (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/09/10 22:18】 | おもしろいTシャツ | page top↑
オリジナルTシャツ対オリジナル美術
オリジナルといっても、Tシャツと美術作品では意味が違うみたいですよ。

「オリジナルを買う」と言えば、美術では「誰かの独創的な作品を買う」意味です。そこがTシャツは違って、「自分で絵を用意し業者に作らせる」という意味なんです。カスタム・オーダー・メイドのことだと気づかず、「うちのオリジナルTシャツは・・・」なんて最初は言っていました。

その「オリジナル」という語が、美術界で壮大な論文テーマになったことがあります。まずオリジナルの意味が大きく二つありまして、「独創性、個性」という内容面の話と、「この個体、同一性」という物理面の話、という二つ。

「独創性」は、模倣やインスパイアの話題で使います。モノマネ、パクリの是非論なんてのは、音楽やアニメの話題でもよく出ますよね。古典的な言い方をすれば、「オリジナル対エピゴーネン」。

いっぽう「この個体」の方は、贋作(がんさく=ニセ、フェイク)を論じる時に使います。特に人類にとって大転換ともいえる美術品の複製問題で、「オリジナル対コピー」という使い方をします。

従来心配された「コピーが引き起こす混乱」の結末は、世の中にコピー品が安価に普及して、その代わりオリジナル品が高値になる形で、コピーが勝利しています。歴史上、版画と写真は勝利しましたが、近年さらに次のファイターがひかえているんです。

デジタル版画がそうで、絵画複製法で作られた最新世代のアートです。具体的にはジクレー、電子版画、CGアートなど、インクプリンターの印刷物です。版画業界はそれらを真物美術に定義しましたが、ここでオリジナルの語が出てきます。

原稿がCGだったら「オリジナル版画」で、油絵だったら「非オリジナル版画」に分かれるんですよ。理由はCG原稿は無形で、油絵原稿は有形だから。つまり、印刷しないと絵が取り出せないものと、印刷以前からブツがあるものの違いです。

突然Tシャツに話が戻りますが、プリントTシャツも版画です。ステンシル、シルクスクリーン、アイロンプリントから、最近はTシャツプリンターのデジタル方式が増えました。でも実用品に加えた装飾なので、厳密に分類すれば美術版画というよりは、やっぱり衣類に落ち着くでしょう。

こちらの絵にはグラデーションがあるので、シルクスクリーンでは難しく、デジタル版画方式で作られます。


製品写真
小さな時間06 バッタ (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/09/08 20:30】 | おもしろいTシャツ | page top↑
現代美術なTシャツ
「現代美術は難しくて、全然わからないわよねえ」
という人は、案外少なくなっているそうです。

本当に全くわからなくて、かいもく見当もつかない、何のことかまるきり、さっぱり、みじんも心当たりがない、と感じる人はまれですし、そこまでわからない現代美術作品もまれです。

現代美術に相当する英語は、モダーン・アートとコンテンポラリー・アートの2種類があります。コンテンポラリー・アートは当代の比較的新しい作品を指しますから、作品の意味や意図がわからないのは当然で、そっちが正常なんです。

もしすぐにわかる作品があれば、知っている問題が再び出題されたようなものだから、それは現代美術とは呼ばない慣習が、この世界にあるんです。現代美術やコンテンポラリー・アートの語に、前衛的な含みが持たされているわけですね。

コンテンポラリーの作者が秘密を告白すれば、作品の意味や意図は氷解するかといえば、実はたいてい作者もわからなかったり、決めていないんですよ。作品を作った後で一筆書くことになって、その時に思いついたことを作文に入れたりします。

作品はその後運命が分かれて、意味や意図が永遠の謎となった怪作は歴史に残って、底の割れた美品は消えます。ということは、いくら謎解きしても、相手が前者だと無効だし、後者だと無用・・・それに、そもそも美術の見どころは意味や意図じゃなく、造形的存在感にあるから、話がややこしいんです。

ではここで、意味や意図が謎のプリントTシャツ・・・でもこれ、タイトルで何となくわかっちゃいそう。・・・黒いシャツ向けですが、キャンバス絵画どおりホワイトにプリントしています。


製品写真
父と娘20 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/09/05 16:56】 | おもしろいTシャツ | page top↑
皆既日食Tシャツ
夏もそろそろ終わりみたい・・・。
この夏、「2009.7.22」という年月日を小さく記したTシャツを出していました。

当日は、各地で部分日食が見られ、南の一部では皆既日食となって、TVやネットで中継していましたね。部分食では、地面に落ちる影がヘンテコな形になったり、木もれ日がにぎやかにきらめく怪現象が起きるのですが、薄曇りのところが多くてあまり観察されなかったみたい。暗くなるにつれて、街中の犬がワンワン吠えるはずなのに、朝から曇りがちのせいか静かでした。

皆既の時間が一番長いトカラ列島の悪石島は、避難命令が出たどしゃ降りの雨の中、真っ暗に。すっごーい。きれいに晴れた太平洋の船上の平和ぶりとは別世界で、日食の本来のインパクトを感じてしまいましたよ。上海も似ていて、「日食は雨天決行なの?」というトリビアがまたひとつ埋まりました。

昔の都市、ギリシャのアテネでは、賢人たちは、太陽が突然消えちゃう原理も予定も知っていたそうですね。知らない民族は、神が太陽を隠したと大騒ぎしたり、知識ある人を神の関係者(?)や超能力者とあがめて、財宝や主権を奪われてしまったそうな。今でいえば、悪霊説や宇宙人説というわけですかねえ。

この絵は、天体ショーを楽しむ優雅な近代ではなく、「世も末じゃー」と動転する古代のそぼくな気持ちを描いています。でも元絵は現代美術の壁画なので、絵柄が過密ぎみの、一段とレアなアートTシャツになりました。


製品写真
消えた太陽神 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/09/03 21:26】 | おもしろいTシャツ | page top↑
プリントTシャツの新作です
おもしろいTシャツの店 X-LADY2から、新作が出ました。今回は、ClubT第1回ゴールドデザイナーを受賞した記念企画という、『小さな時間』シリーズ。

テーマは「好奇心と期待感」を絵にするというものですが、アートTシャツの限界にチャレンジした前回のすごすぎるシリーズとくらべたら、ぐっとシンプルでキュートになっていますよ。

ここの製造法は、ダイレクトプリントと呼ばれる方式です。デジタルデータを使ってインク吹き付けで染色して、熱で定着させる大げさな機械を使うらしい。絵具を盛り上げないから、キンキラした色は出ないけど、伝統的な染め物のようにしっとり柔軟で長持ちするので、使い捨てにしないお宝Tシャツに向くとか。

1970年代に販売されたTシャツが、しばらくビンテージブームになっていました。適度に退色していい感じの色でしたけど、ビンテージとして将来も残るには、やっぱり絵の耐久性も大事みたいですね。


製品写真
小さな時間01 天使 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

【2009/09/02 15:19】 | おもしろいTシャツ | page top↑
| ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。