スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ジクレー、電子版画、怪奇現象アートTシャツ

ジクレーをご存じでしょうか?
美術作品の一種で、別名「電子版画」です。その正体は、コンピューター画像をインク式プリンターで印刷した紙や布・・・要するに印刷物ですね。

ジクレーの作り方は大きく2つに分かれます。ひとつはCGです。コンピューターで絵を作って印刷する。もうひとつは撮影物です。油絵をカメラ撮影して印刷する。

プリンターで印刷した美術作品は、全てが真作です。ニセ美術とか、美術もどきとか、インチキ絵画と呼ぶ意見は正しくありません。「でも印刷物に、美術的な価値があるの?」という素朴な疑問は、誰でも思いつくでしょう。

美術の定義は、作者に美術表現の意思があることが唯一の条件です。手作りだろうが機械だろうが、関係なし。この定義に他の条件を加えると、どこかでつじつまが合わなくなります。

たとえば、味わい深い墓石が美術でないのは、石工が美術表現として創作しないからです。作り方がていねいだとか、心を打つとかは、美術かどうかと関係ないんですよ。

「そうは言っても、ネットで拾ったガラクタ画像を印刷して、アートの顔をされても困る」という声も予想できます。ところがすでに、ガラクタは美術の定番です。ガラクタ作品は1920年代からあって、60年代前衛や80年代インスターレーションは、拾ってきた砂利や木の葉を床にまいて、家電ゴミを並べたアート作品でした。

ゴミ物品ならアートで、ゴミ画像ならアートでない・・・これでは整合が取れません。

感情的には、打ち出の小づちみたく絵が無限に作れたらずるいや、とケチをつけたくなります。これは、現に価格に反映しています。存命作家のジクレーは入魂作でも10万円以内、105円のもあります。ガラクタ画像なら、無料配布のセルフ印刷でしょう。ジクレーは手摺り版画より安価で、本物美術の中で一番安いんです。

ちなみにCGジクレーを作るには、キャンバス絵画よりコストが10倍以上かかります。だから、金もうけでCGジクレーを作る人はいないでしょう。同サイズなら、キャンバス絵画の方がずっともうかる計算です。

実は当工房で、過去にCGジクレーを販売しました。作家70人ほどの店でしたが、業績は悪かったです。店は数年で消えて、ジクレー用の絵が宙に浮いたのでTシャツに転用しましたが、やはりだめでした。

だめな原因は作風です。普通CGといえば、未来風のメルヘンやファンタジーがほとんどです。宇宙ロマンの乙女チックなイラスト。その常識に反して、現世の修羅場とか、社会の蹉跌や人類の運命を悲劇的に描いた抽象だから、幸せを売る産業としては?だったのです。

そんな絵にした理由は、個人宅向けではなく美術館の展示用だからです。美術館で見たら、古典美術愛好家はぶっ飛んで怒るよな、という絵です。だから現代美術愛好家が少ない中、商品マーケティング的にはアウトとなりました。

このTシャツの原画は、『はるか昔の怪奇談』シリーズの『最果ての海』と題したCGジクレーです。私たちが宇宙の果てを想うのと同様に、昔の人が海の果てを想った。そこには滝があって、船が落ちてしまうことを恐れた、そんな胸騒ぎの世界観をモチーフにしたギャグ混じりの空想画です。

絵に細線があって、黒シャツの白引き処理がずれて、線がかすんだり増えてしまう可能性があります。でも元絵が変てこだから、それも良しとしました。ダウトも個体差になる、実験的なプリントアートTシャツです。


製品写真
最果ての海 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

スポンサーサイト

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2011.10.17 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



サマータイムとエコロジーと節電、多翼型風車のTシャツ

サマータイム制が論議されていますが、国の時刻まで変える制度はおもしろそうです。ただし、今回は合目的性がありませんね。解決策はこれじゃありません。なぜかといいますと・・・

原発と火力発電所が壊れたので、つくれる電力は減ります。このままだと、夏に電力不足が起きます。電力不足とは、使用量が発電量を超えた時に、全域で停電して何時間も復旧しない現象です。家の冷蔵庫のアイスも溶けちゃう。それを防ぐには、ピーク電力をへこませてやります。

夏の電力ピークが異常に上がるのは、気温が高い日中です。太陽がカンカン照り、セミがギャーギャー鳴いて、道路のアスファルトが柔らかくなる頃。みんなでガンガン冷房して電気を使う午後の13時からが、いつ停電するかわからないヒヤヒヤの時間帯に入るわけです。

電力はため置きできないので、たくさん使う時に、たくさんつくるのが基本ですね。あまり使わない深夜には余るわけで、その余った分をたくさん使う昼に持ってくるのは難しいのです。一番恐いのが、発電機を最大に回しても足りないほど、国民がたくさんの電気を同時に使う瞬間です。偶然「せーの」で、いっせいに使った時に停電します。

つまり必要なのは、ピーク値を減らすことであって、アベレージ値を減らすことじゃない。みんなが同時に使わないようにすればいいんですね。電気を使うタイミングを分散すれば解決します。使う総量は増えてもかまいません。節水とはそこが違います。

サマータイムが無意味なのは、みんなが手前へずれるだけで、分散していないからです。仕事時間が、朝9時から夕17時までなのを、手前に2時間ずらして、朝7時から夕15時に変更したとします。電気を一番使う時間帯の13時過ぎは、やっぱりみんながオフィスでエアコンをつけるから、やっぱり停電します。

さらにみんなが早く帰宅して、まだ西日が差すうちに家で過ごすから、家のエアコンをつける18時頃が「せーの」になって、そこで停電するかも知れません。その時間帯に各ビルと各工場が残業していたら、あり得る話です。

無意味な案が国会に出される理由は2つあって、節電という語感に議員がまどわされている点がひとつ。つまり錯覚。もうひとつは、推進者に海外暮らしの経験者がいて、サマータイムがロマンだからです。留学など若き日のノスタルジーが混じっているのでしょうね。

同じ道理で、一律の節電は目的とずれています。日頃からコンセントを抜いたり、こまめに灯りを消したり、涼しい日にエアコンを消してエコライフを達成しても、殺人的な猛暑の日に「さすがに暑くてたまらんから、今日だけは許してね」とエアコンを強めたら、そこで大停電します。

その裏返しで、電力が余る深夜1時に、コンビニを暗くしたり家のテレビを消しても、社会に貢献できません。電気が余る時間帯には逆に使ってやらないと、電力会社の売上減が燃料節減を上回って、電気料金のアップが待っています。

原理に沿った案は、まず大口利用する職場を、ピーク時間帯から脱出させます。土日に活動して平日の午後は休むとか、みんなと逆行動をとる。週7日24時間の中に、みんなの合計が供給を上回る瞬間が一度もないようにします。

ということは、1年のいつ頃がピークになるのか、過去のパターンを国民みんなが知らないで始めても、話が跳ね回るだけです。

実態パターンを国民が詳しく知った上で、家庭で「今日はクソ暑いなあ」とエアコンの必要性を感じた時、エアコンをやめて扇風機にすれば、経済活動を犠牲にしないでこの夏を乗り切れるはずです。扇風機って羽が回るだけで、思いっきり消費電力が小さいですから。

ところで、アメリカのノスタルジーといえば、この多翼型風車があります。元は家庭や農場で地下水をくみあげる動力でした。今では同じ形で発電機のキットが売られています。アメリカ中南部の、のどかな地の風景にとけこみます。日本でも、風の強い浜辺などで実用になりそう。しかもこの多翼型風車には、なぜか和風の情緒があります。


製品写真
風車(多翼型) (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2011.05.14 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



まげねど日本、東北 負けないぞ震災チャリティーTシャツ2

今回は、少年少女向けの、超能力のお話です。

ネットで、地震を予言した超能力者の話題が出回っています。「予言者ってすごいねっ」と、驚いて感心する皆さん。

実は、東日本大震災をズバリ予言していた人もいるんですよ。驚きますねえ。

その人の正体は、気象庁、日本地震学会、大学、そして県庁その他の職員です。全員当たりました。当たるはず。宮城県の太平洋側は昔から地震が多いことを、関係者は知っていて、そろそろ次のが来る時期でした。大元の原因は、ハワイ島がどんどん日本に近づいているからです。

太平洋のど真ん中のハワイ諸島(アメリカ合衆国)が乗っかっている海底地盤が、アメリカ側から日本側へ2万年かけてずるずると動き続けています。それが日本列島にめりこむ部分が、深さ8千メートルの日本海溝です。押してくる圧力に反発して、日本側の海底地盤が時々ドーンとはねます。その上にある海水がグワッと盛り上がって。

「1カ月以内に東北で地震が起きるだろう」と、誰かが年間12回言ったら、37回地震が記録される地帯です。「私の予知能力では・・・」とか、「神のお告げによると・・・」とか、もったいつけなくても、地震研究の人たちは前から来るぞ来るぞと言って、新聞にもそう書いていたんです。

地震予言にあわてるパニックの輪に、中高年が参加しておらず、若者だけで回っているのは、そういうことです。

予言を信じない若者も注意は必要です。「超能力者が明日地震が起きると言ったけど、結局起きなかったのでデマだとわかった」という結論は、とっても危険。そういう問題じゃないんです。超能力で予言した時点でデマなんですよ。外れた場合だけがデマなんじゃありません。当たってもデマです。

そもそも何時何分に来るぞと、詳しく言った予言者は昔から誰一人いません。だから、本当にぴったり当たったケースはゼロです。ぴったり一致ではなく、だいたい一致でも合格とする誤差混じりでいいなら、気象庁も新聞社もみんな当てているのですから。

ここで、サイコロを用意します。「6が出るぞ」と言ってからサイコロを振ったら、6の目が出た・・・。これをどう考えるかです。「6が出る未来を知っていた」とか、「念力で未来を変えて6を出した」と思ってしまう人は、要注意です。本当は「賭けに勝った」が正しい解釈です。

何かが明日起きると言ったら、次の日に本当にそれが起きることがあります。起きないこともあります。起きたら超能力者で、起きなかったらペテン師、そんな分け方をすること自体、最初から引っかかっちゃってるんですね。

宝くじに当たった人たちも皆、超能力で当てたのではなく、賭けに勝ったのです。

この機に震災ボランティアに参加して、リアルな世間に触れるのも良いことです。16年前の阪神淡路大震災でボランティアに行ってたくさん失敗した人たちは、今この分野のリーダーになっているんですね。


製品写真
まげねど日本、東北 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2011.04.19 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



風林火山 戦国武将 武田信玄のTシャツ

昔の絵にかかれた武田信玄を見ると、プロレスラーみたいだったりしますが、詩歌も得意と伝わり、どうもシャレ好きだった人物に思えます。

武田信玄(1521~73)は甲斐国(山梨県)の大名でしたが、今から464年前に『甲州法度次第』という、領地内の法規をつくっています。法規の対象、つまりルールに縛られる人は信玄自身も入っていたりします。しかもなぜか地域に公開してあった法規というから、通常の独裁者とは違う理念を持っていたことがうかがえます。

風流な面を持つ信玄が戦旗に使った標語として有名な、風林火山のTシャツです。このプリントデザインでとても難しいのが、紫色の濃度です。

紫を濃くすると、白との濃度差が開くから目立ちます。ところが同時に黒文字が、その濃くした紫に埋没して目立たなくなります。だったらと逆に紫を薄くすると、黒文字はうまく引き立つ代わりに、今度は薄い紫自身が白に埋没します。

白、紫、黒の3色が連続する部分をきれいに見せるには、間を取りもつ紫にほどよい濃度が必要になります。仲立ち部分の中間的な色が濃すぎる失敗は、市販のTシャツにも意外にあるのです。

紫の部分は実は三次元データなので、ベタ塗りではなく微妙なグラデーションになっています。何回もテストしながら、この濃度にこぎつけましたが・・・


製品写真
風林火山 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2011.04.15 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



がんばれ東北と日本、東日本大震災 復興支援チャリティーTシャツ

天罰だとの言い方は、ネットにも出回りました。多くの人は「そんなのねーよ」と思っていますが、何となく信じる人もけっこういます。

天罰という語は、偶然のさい配に割り切れない思いの被害者が、自分の行いの悪かった点を探し出すことで、罪と罰をつり合わせて被害を受け入れて、納得しようとする。そうする時だけに、許される言葉だという気がします。自分に対して使う言葉です。

天罰という語を、被害をまぬかれた人が他人に対して使えば、どうでしょう。そこには、とてつもない高レベルの唯我独尊を感じるのですが・・・。その人は、神に選ばれた指導者になりたいのかも・・・

「でもよ、天罰説を言い出したトップがいる首都に今、放射性物質が飛んで水道が汚れて、ミネラルウォーターの奪い合いが起きているぞ。言い出しっぺと支援者も、天罰を受けているぞ」と、さもありなんとする理屈も出るでしょう。

その手の理屈が可能でも、天罰は存在しません。たとえば国会議事堂の地盤で、直下型の震度7が起きなかったのはなぜか。腐敗から遠く離れた地が直撃を受けた理由が、スムーズに説明できません。子どもたちが、巻きぞえになった理由もないという。

「誰が被害を受けるかは、また別の話。そこは偶然なのです」と、さらに弁解できるかも知れません。でも受難者が偶然なら、天罰じゃない。

天罰を言い出す気持ちを好意的に受け取るなら、そこに手に負えない事態へのギブアップがあるのは確かです。逃げ出したいほどの絶望と、あきらめの境地が芽生えたと。失意の大きさが言わせたのが、「たたりじゃあ」。

天罰とは、気持ち負けした人が吸い寄せられる言葉なのかも知れません。

自衛隊、警察、消防、海上保安庁、医師団、各国派遣チーム、米軍の隊員も皆、事態の原因は自然現象(要するに地球のマントル対流)だと知っているでしょう。その上で、現地の被害にも格差が生じていて、物理的な必然が分けた偶然のさい配を目撃しているでしょう。

住民に、特に手抜かりはなかったのです。ギネスブックにあった世界最大の湾口防波堤や、海外の視察団を驚かせた、陸地に建てたとんでもなく高い防潮堤。海外につくってあげた似た堤防は効果満点でした。避難所は細かく決めてあるし、念入りな防災訓練も知られたことで。

今回と関係ない宮城県沖地震は40年に一度だから、人生で2、3回遭遇します。だから皆さん、最初からそのつもり。宮城県沖地震とは別の地震が、宮城県沖でよく起きるので、「でかい災害がくるぞ」と内外の予言者が言えば、必ず当たる地帯なのです。自称超能力者の売り出しネタに、よく利用されるのがココ。

そんな地で、人がわざわざ海辺に住んでいた理由は、第一に水産です。親潮(北からの寒流)と黒潮(南からの暖流)がぶつかる親潮側にある三陸沖は、上層が黒潮、下層が親潮になる混合水域なので、種類も量も多い理想の漁場だということです。

あの日以降・・・、自国の将来の電力をどうするか、G8国もG20国も議論を始めています。

一方、日本も東北も途切れず続くから、もちろん漁港はつくり直します。居住用ニュータウンを高台に移す都市計画や中層RC造化、インフラと職場づくりの大作業のすき間に、細かい作業も大量に発生するでしょう。マッチョだけでなく、芸の細かい繊細な人も大勢必要になります。

このTシャツは、ニュースに出ないような、小さな草の根の復興支援者を、ささやかながら応援する絵です。

UPSOLD製品は、東日本大震災チャリティーです。「このチャリティーTシャツの売上は、日本赤十字社を通して被災地に寄付されます。」と記された「白Tシャツ1種類」のみがチャリティー製品なのでご確認ください。


製品写真
がんばっぺ東北、日本 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2011.03.29 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



日本製のプリントTシャツ

600円台のジーンズとか、安ーいファッション衣料が出てきました。安い理由はアジア製だから。一方の日本製はそれなりに高いまま。その高い方の日本製を買えば、内需や雇用拡大以外にメリットは何でしょうか。

ある頃から、スーパーの衣料品階に並ぶTシャツやポロシャツが安くなりました。中国製が増え出した日ではなく、それよりも後のことです。

調べてみると、1980年代前半に韓国製や中国製が増えた時には、それほど安価ではありませんでした。その後テレビや新聞で「ニックス商品」と呼び、しばらくして「ニイズ商品」と呼び替え、それからどんどんアジア製品が安価になりました。

80年代の韓国製や中国製の衣料と、2000年代の中国製では、実はずいぶん変わっているのです。変化したのは、縫製と布地。縫製がとてもきれいになり、その代わり布地は弱くなる傾向があります。

昔の中国製は何しろ縫製が悪く、売り場で糸がほどけて崩壊している服があったといいます。売れたものでさえ、ただ切っただけの長いミシン糸が垂れているのが普通で、お客は家に帰ってその糸を針に通して結び直したとか。

ところがその頃の布は意外に丈夫で、洗っても洗っても長い年月着られたのです。逆に今の中国製は、縫製がきれいで見た目がきっちりしている割には、布地は丈夫とはいえません。布に穴があくのが早いものがあります。

だから、新旧の中国製を交互に着ていると、新しく買い足した方が先に、お腹や背中にポツポツ穴があき始めたりします。古い方が傷まず、寿命の逆転が起きることがあるのです。ちなみに新旧製品は、日本円で同額で、実質価格破壊しているのですが・・・

これは衣服だけでなく、ホームセンターにあるプラスチック製の、大型衣装引き出しケースにもいえます。プラスチックが加水分解でもろくなって、ポロポロ割れ始めるのが早いのは、むしろデザインが洗練された新しめの方だったりします。最古の製品は丈夫。

ここから出てくる結論は簡単で、アジア製のコストダウンは、組み立て精度よりも、材料の質で行われていることがわかります。これは、アジア各国の人件費が、いつの間にか上がってしまった現実があるからでしょう。

CP、コストパフォーマンスという概念がありまして、値段が2倍の高さでも、寿命も2倍の長さなら、割高でも割安でもなく、同等と考える発想です。もし日本製が1.5倍の高額でも、寿命が2倍なら、値段とは逆転して割安になる計算です。

フライパンのテフロン加工や、シリカ電球のフィラメントなんかで、この逆転がよく起きるんですね。安いのを買うと、買い替えが早くなる。だからよくやる買い方は、短期間で捨てる予定ならアジア製にして、長く使う予定なら日本製にするわけです。

プリントTシャツでも、日本製シャツを扱っている店(例:UPSOLD)があります。ご覧になった方は「あれれ、高いなあ」と思って即却下でしょうが、製造側としてはすごい良質の自信作なのかも知れません。


製品写真
プリントTシャツ (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.09.26 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



捨てられない小さな宝物、ドラキュラバンクのTシャツ

あたし、物をパーッと捨てるのは全然平気。いらない物を処分すると、気持ちがすっきりします・・・という女性はけっこういます。物が捨てられない人を尻目に、特技みたいに自慢する人もいますね。

でも、飲み会なんかで聞いた話。夫がとっておいたガラクタを妻がこっそり捨てて、夫婦ゲンカや家庭不和になったケースがあります。漫画本やミニカーや、録音テープとか、カタログとか。

逆に、妻の物を夫がこっそり捨ててケンカになったケースが珍しいのは、なぜでしょう。たぶん、男性には物が目ざわりでないからかな。

男性が過去に用が済んだガラクタを、ずるずる持ち続ける理由は簡単で、脳の充足になっているからです。「それ持ってる。家のどこかに確実にあるよ」という思いが、知能面での自信につながっているようです。

いざ必要になれば出してきて、そこにまつわる話をいっぱいできそう。そんな「いざ」が本当にあるかないかは、重要ではありません。

この心的バックグラウンドに後押しされた男性は、思考や弁論が強化されて、イマジネーションもふくらむわけです。だから過去に用が終わったガラクタは、実は用が終わっていなくて、男性の対外的な活動に力を貸して、陰で支える役目があるのですね。

集めていた少年漫画や昭和の玩具を思い切って捨てた男性が、後日ネットで同じ物を探し回った体験談を読みました。喪失感にさいなまれ、後悔したそうです。夫が古いガラクタを捨てようとしたら、収納法を提案するぐらいでないと、本当の良妻にはなれないのかも知れません。

これが物書きや評論家になると、どんな些末なガラクタからでも、世界の秩序や社会の構造、人類の理へと、自在に話をつなげたりができるという。そういう方向に頭が回るのも、家中に秘蔵した古物の効用なのでしょう。「万物は宇宙なり」なんて、主に男性が導く哲学だと合点がいきます。

実は女性にも、類似した特性があります。たとえば衣服、化粧品、台所用品・・・

買って一度も着ない服や、足入れで終わった靴、飾りになった化粧水、出番のない調理器具など、男性顔負けのコレクターぶりがけっこうあるのです。「タンスの肥やしになってます」なんて、よく言いますよね。

それらは、男性のガラクタと役割が違いますが、所蔵することで補欠を得た充足が起きて、体験と知識を裏付け、ある種の自信になるわけです。「実際に使う化粧品のみ買いなさい」と説教しては、良い夫になれないのかも。人間の不思議な一面を感じます。

ここでいきなり、昭和のガラクタです。このドラキュラバンクは、元は輸入品の貯金箱で、もちろん持っているわけがないのですが、ネットで見つけて題材にしました。


製品写真
ドラキュラバンク (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.08.30 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



Tシャツで3Dモデルの絵が珍しい理由

二次元デザインが、Tシャツの絵には多いようです。三次元入力された立体像のレンダリングをプリントしたTシャツはあまり見ません。

一般的でない理由のひとつはコストがかさむからで、制作時間も3Dは2Dの10倍はかかります。ちなみに美術作品として作るCGは、キャンバスに絵の具を塗る作品よりも、30倍の時間がかかります。

Tシャツに戻って、訓練で3D入力が速くなっても、仕上げの微調整で時間をとるから結局同じです。部分修整や色調整では、元データに戻って難しいソフトを動かす必要があるから、何をやっても手間取ります。

そもそも、Tシャツのプリントはあまり細部までは再現できないので、簡略した図画でも十分足りるし、かえって大ざっぱな方がポップ感覚も出ます。なので、わざわざ精度良くモデリングする意味はほとんどないのでしょう。

ところで、時々ディスカウントストアにプリントTシャツが入荷して、それを見ると普及製品の傾向がわかります。安価なだけに、省力的に量産した二次元イラストや写真コラージュが多くみられます。一方の三次元で作られた絵は、あまりバーゲンには出てこない感じ・・・

三次元モデルにはポップな処理をしない画風が多いので、学術的なさし絵みたいに見えます。プリント工程である程度情報が落ちて、抽象的な香りもつきますが、それでもどこか真面目な印象があります。


製品写真
三連水車 2 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.08.14 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



お化けと幽霊の違い、唐傘と下駄Tシャツ

お化けと幽霊は何が違うのか、という質問がよくあります。

お化けは妖怪の別名で生き物だけど、幽霊は死に物だとか。お化けは陽気で人が良いのに、幽霊は陰気で人が悪い。お化けは運動会を開く一方で、幽霊はワープできちゃうとか。

両方とも人間がこしらえた架空のものですが、厳密にいえばお化けの主な目的は教育指導で、幽霊の目的はビジネスです。

お化けの代表といえるカッパの場合、川や池で遊びたがる子どもたちに、水難事故の恐ろしさを理屈抜きで伝える方便になっています。カッパにやられた子どもは、現実には昔から一人もいなくて、逆にカッパの話を耳に入れて川で泳ぐのをためらって、長生きできた子どもがけっこういたはずです。

海で泳ぐより川で泳ぐ方が何十倍も危ないわけですが、塩水と淡水の比重(単位体積あたりの質量)の違いを子どもに説明してもわかりませんもの。カッパに引きずり込まれるぞとおどかした方が、子どもは言うことを聞きます。

一方の幽霊はお化けと違って、ターゲットが大人。おはらいの依頼を受けたり、新興宗教への勧誘など、金銭がともなう活動の方便です。開運の壷だとか、とりついた霊を除去して体調を回復する祭事など、心身が連動する人間の特性を利用する一種の不安産業で、お化けよりも大金が動きます。

今では幽霊はテレビ局のドル箱ネタになっていますが、これも視聴率を上げることで大金が動くのは同じです。

お化けも幽霊も文化的な背景があって、カッパは欧米にはいません。カッパに匹敵する欧米の人気お化けのひとつが、デンマーク出身の人魚姫で、今でもいくつかの貴族の城には、人魚の実物コレクションが保管されています。

ちなみに人魚の実物を製造したのは、江戸時代の日本の職人さんです。鎖国の最中に長崎から輸出して外貨を獲得していて、こちらはお化けなのにしっかりビジネスになっていました。

一方の幽霊の文化ですが、日本の寝室でみえる幽霊は、欧米では悪魔に変わっています。もちろんキリスト教が背景だからで、これがまた南アジアでは動物霊になっていたりします。

お化け以上に、幽霊には国境や民族区分があるだけでなく、時代変化も大きくて、世界的な普遍性は意外にありません。たとえば石油化合物のナイロンやビニールの普及途上の頃には、エクトプラズム写真が盛んに撮られましたが、今そんな流行はありません。

ところで、日本のお化け文化は層が厚くて、お化けの名簿や図鑑、それにデジタルデータベースもあるんですね。お化け全般にただようユーモアをみていると、日本産の幽霊よりはお化けの方が、輸出に向いている気がします。


製品写真
唐傘と下駄 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.07.30 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



トロピカルな海の南方郵便船Tシャツ

船のイカリ(錨)はこんな形でしょ・・・、というイメージは誰もが持っています。とんかつソースのマークとか。でも実物のイカリは、思った形とたいてい違っています。

イカリの役割は、海上に停泊する船が、風や波で移動するのを防ぐもので、自動車のサイドブレーキと同じ役割です。

ところが、イカリをボチャンと沈めて海底に落とし込んでも、効果がありません。正解は、イカリが海底に届いた後に、クサリ(鎖)をどんどん長く伸ばしていきます。その間に船は少しずつ流されて、イカリから遠ざかっていきます。イカリは釣り針が刺さるように、海底の砂地に巧妙に刺さっていて、そこから船までクサリが海底を長くはっていきます。

クサリを伸ばしていくと、クサリの摩擦力とイカリの引っ掛け力の合計が、船をずらす力についに打ち勝って、海底の砂にしがみつけるわけです。イカリは船の真下にあるのではなく、横方向に遠く離れた海底の砂に横倒しで食い込んでいて、クサリが長々と寝かせてある状態です。

こういう仕組みなので、法律で船の重さに見合うイカリの重さや、クサリの長さが決まっているそうです。またおもしろい現象ですが、停泊中の船体はまるで風にバタバタなびく旗を、そのままスローモーションにしたかのように、ゆっくりと右へ左へと振り子運動のように動き続けます。

イカリで船を留める仕組みを知ったのは、船舶関連業者がネットに出している知識情報でした。こういうのは、さすがにネットのありがたさ。

様々なマーク類になったイカリは、実は古典的な漁船タイプです。これは丸棒が直角に差してあってかさばるので、海底を引きずると4つの出っ張りのどれかが砂に引っ掛かります。

ところが港で実際に目にする客船やフェリーや貨物船のイカリは、底部にちょうつがい(ヒンジ)が付いて折れ曲がるタイプで、二面のどちらが接地しても、砂に対してやや下向き角度で刺さっていくようになっています。

このTシャツのイカリは、その二つのタイプを混ぜています。ちょうつがいタイプは何だかロマンティックに見えないし、古典的なタイプは丸棒が目ざわり。そこでそれらしいイメージになるよう、ちょうつがいタイプを基本にして、ちょうつがいは省いています。


製品写真
南方郵便船 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.07.12 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



ラグラン袖の帆船Tシャツ

ラグランTシャツに、実はあまり関心がなかったのですが、人が着ているのを見て「へー、いいね」と見直しました。

ピンとこない外来語って、たとえば「イナバウアー」みたいに人名に由来する名称が多いのですが、「ラグラン」も人名です。18世紀生まれのイギリスの元軍人フィッツロイ・サマーセット・ファースト・バロン・ラグラン氏(1788-1855)の注文に、仕立て職人が応じた服の作り方から、ラグラン袖というファッション用語が定着しているのだそうです。

普通のTシャツは、袖無しシャツに腕パーツをつけ足した構成になっていて、縫合は腕の付け根をぐるっと一周するだけ。ラグランTシャツは腕パーツの肩の側が長くて、首まで届きます。その結果、胴パーツと腕パーツを縫合する線が斜めに入ります(図参照)。

胴パーツを白のまま、腕パーツを黒やオレンジなどに変えると、ショップでよく見るラグランTシャツになります。見た目がスポーティーで、かすかにフォーマルな感じがあります。普通のTシャツは、丸首アンダーシャツに一瞬見えたりしますが、ラグランTシャツはいかにもアウターウェアに見えるのが特徴です。実際の着心地はしなやかです。


製品写真
帆船 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.06.28 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



小惑星探査機はやぶさTシャツ

小惑星探査機「はやぶさ」は、7年の旅から地球に帰り、キラキラ輝く流れ星になりました。

この日に備えたアメリカNASAは、観測用ジェット機とスタッフを連れて、19台のムービーカメラで最後の姿を収録。イギリスBBCニュースは、科学者を招いて流れ星の中継。アポロの時と似て、世界の天文台が「はやぶさ」をチェックしていたのですね。

天文ファンは、「はやぶさ」を「子どものおつかい」にたとえています。一人で小惑星イトカワまで行って、写真を撮って、電波を調べて、着陸して砂を地球に持って帰る・・・

道のりは、往復60億キロメートル。これは、時速100キロで走る車で6800年かかる長い道です。太陽からイトカワまでの距離は1億4000万~2億5000万キロメートルなので、太陽から1億5000万キロメートル離れた地球から、ものすごい道草か遠回りをしたように思えます。そうした理由は、地球もイトカワも高速で太陽を回っているからです。

「はやぶさ」が地球から真っ直ぐ向かったのでは、イトカワにうまく着けず、着いてもうまく並べません。

ソ連のルナ探査機やアメリカのアポロ宇宙船の場合は、地球の周囲を回ってから、月へ向かって行って、月の周囲を回る順序でした。月に着くまでの4日間に、月の位置は地球から見て7分の1周動きます。だから実質は月に向かう感じで飛びました。

ところが地球からイトカワまでは、月よりもずっと遠いので、「はやぶさ」が着くまでに位置が大幅に変わります。第一、規模が小さくて引力がほとんどゼロのイトカワの周囲を、「はやぶさ」は周回できません。出会ったとたんにクロスして、ハイさよなら。

そこで「はやぶさ」がとった動きは、地球が太陽を回る公転軌道に乗って足場をつくり、次にコースを曲げてイトカワが太陽を回る公転軌道へと乗り換えていくイメージです。こうして、「はやぶさ」自身が太陽を回る天体となって、イトカワに近づき併走して観測します。

太陽系の支配者は太陽であって、太陽系内の空間を飛ぶ物体は全て、飛ぶのをやめたら太陽に向かって落ちていきます。だから「はやぶさ」も、太陽を回るように飛びます。

とはいえ、おつかいが60億キロメートルにも延びた原因は、続発したアクシデントです。実験機がキャラの「はやぶさ」は、ちゃんと行って帰れるかのテストも兼ねました。帰りはイトカワの公転軌道を脱して地球と出会うわけですが、イトカワに降りた時にケガをしたらしく、途中で足が止まったり気絶してタイミングをのがし、うまい位置関係になるまで太陽を回りながら待ったのでした。

「はやぶさ」はイトカワの顔写真をたくさん送ってきましたが、地球と月のツーショットも撮っています。その時、「はやぶさ」から地球までの距離は1350万キロメートルで、地球と月の距離の35倍。そのあたりの宇宙空間から見ると、地球と月は仲良く寄り添って見えます。

おつかいの最後の仕事は、当初の計画と異なり、地球に近づいて砂入りカプセルを切り離すだけですが、分離の衝撃で「はやぶさ」の姿勢は動転。その間、予定外に向いたカメラで何度もシャッターを切り、最後の1枚に地球が入りました。画像を電送するうちに日本から見えない位置に入り、一瞬「火の鳥」の姿に燃え上がり、流れ星になって天に昇ります。

残された望郷の写真の端が、一部欠けているのはそのせいです。


製品写真
はやぶさと小惑星イトカワ (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.06.18 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



国際生物多様性の日、チョウのTシャツ

今日5月22日は「国際生物多様性の日」と決まったので、「夏の虫」の話にします。この時期は、植物に遅れて昆虫が急に活動し、夏の予感が急拡大するシーズン。

「夏の虫」と呼んだのは、冬が終わって寒さもゆるみ、春の冷気にちょっぴり暖かさを感じる夜に、道ばたの茂みで突然「ジー」と、大きく鳴くあれです。電子音みたいに、暗がりにギラギラ響く感じ。「アフター冬」から「ビフォー夏」へ移った合図として、毎年恒例です。

この春の気候は、なぜか各地で冬型が終わらず、4月17日は東京都で最も遅い雪のタイ記録となりました。5月後半になっても、肌寒い日がポツポツ。それでも「夏の虫」の初鳴きは、4月10日よりも前なので、さすがです。

茂みに近づけば「ギー」に聞こえて、もっと近づくと止むから、正体がわかりません。人に聞き回っても、誰も声の主を知りませんでした。いつか、郊外の道で「ジー」と鳴く声はケラだという説明を見つけたものの、それじゃないようで半信半疑でした。

ウェブサイトでやっとわかりました。夏の虫の正体は、クビキリギリスです。

クビキリギリスは体長5センチほどで、全身が緑や茶色、赤、金色になるキリギリス系のバッタです。名前の由来は、自分の頭部が取れやすいから。あごがカミキリムシのように大きく強力すぎて、かまれた相手に引っ張られると、丈夫でない自分の首が折れてしまうという。

一方、茂みがない宅地などの土で、「ビョー」とくすんだマイルドな音で鳴き続けるのがケラ。体長3センチほどのこげ茶色、コオロギ系のバッタです。

特徴はモグラそっくりな点で、声がマイルドなのは、地中のトンネルの中で鳴くからです。「ミミズが鳴くって知ってた?」ってトリビアを言い出す人が時々いますが、これは広く信じられた都市伝説でして、ミミズが鳴くわけははなくおケラの声です。

夏の予感はこうして夜から始まりますが、春のポカポカ陽気を感じさせる昼の昆虫はやっぱりチョウですね。チョウの一部には「春型」と「夏型」があって、春型は小ぶりです。絵のモデルのシジミチョウにも、よりかわいらしい春型がいます。


製品写真
小さな時間04 チョウ (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.05.22 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



赤青緑カラーのプリントTシャツ

若者が車を買わなくなった、という報道を見かけるようになりました。原因として、個人経済や都市交通事情の変化など社会的要因も出てきますが、今の若者は車で自己主張しなくなったというような分析には、気になることもあります。

日本の車マーケットには、他国と比較して特異性がありまして、それは色がホワイトばかり売れる点です。二番目に売れる色はブラックですがガクッと少なく、他はSUVなどのグレーがやっとといいます。極端に片寄って、しかも無彩色中心という。グリーンやブラウンはまるで売れず、絶滅しかかっています。

その昔、後部ドアがはね上がるハッチバック式2ボックスカーのブームで、1500cc未満の赤がどんどん売れた頃もありますが、今では赤はKカーさえあまり出ません。大きい車も小さい車も、ほとんどが白ばかりで、少しだけが黒。

車の色をホワイトにする理由は、明るく清楚な白が好きだからと解釈はできます。でもこれって実は言い方で、色で他人に刺激を与えたくない心理の反映かも知れません。早い話が、「目立ちたくない」「注目されたくない」「印象に残りたくない」。だから白に「とどめる」という解釈。

これを読み解くには、「みんなと同じ色なら目立たない」という論理と、「白なら目立たない」という論理を分けた方がいいでしょう。大胆かつ、誰でも思いつきそうな仮説を言うなら、白の意味はつまり存在の無色透明化で、「私をスルーしてください」ということかも。

プリントTシャツも白が一番売れて、黒が二番目なので、車と同じです。そうはいっても、目立つプリント付きを選ぶのですから、目立たなくする目的ではないのでしょうね。単純に機能重視で、はっきりと見える視認性の高さが目当ての、白ベース、黒ベースかも知れません。

黒シャツを扱う販売店は、赤や青のカラーTシャツでは、白インクありとなしの両方を用意しています。赤や青は明度が中ぐらいなので、それを背景にしたら明度コントラストは黒よりは下がって、「絵力」は落ちます。その代わりに、特殊効果のように絵がおもしろく出る場合があります。

実はデザイン側の製品化手続きで、どの色のシャツがいいかを一色ずつ確かめるわけにもいかず、全色まとめてラインナップしたショップさんもあるんですよ。赤い絵を赤シャツに乗せてかすんでしまったなど、失敗同然のカラーが時々並んでいるのはそのせいです。でも、絵によっては偶然生じた、きわどい色バランスがイケたりもします。


製品写真
小さな時間01 妖精 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.05.15 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



特大プリントTシャツの不思議

一方UPSOLD店は、特大プリントTシャツを登場させました。これは、いわゆるデカTシャツではなく、デカプリントです。プリント面積は特別大きいけれど、Tシャツ自体は特に大きくはないという。

Tシャツと保持装置の仕様で、絵を印刷できるエリアが広くなっています。広いエリアに絵を大きく広げて出せば、特大プリントとなります。

当たり前ですが、絵はタテヨコが大きいほど印象が強くなります。ここでちょっと、絵画の展覧会で考えてみます。美術の合同展には、企画展と公募展があります。企画展の一種が運動展で、たとえば昔のシュールレアリスム展のように、同じ思想の画家が集まって主張するものです。

公募展の方は誰でも参加できて、審査員が採点して上位のみ展示されます。一応常識ごととして触れますが、世界美術史に残る作品は、公募展からではなく、運動展出身か特命発注ばかりです。原因は審査員がリミットとなる制約のせいで、これは部外には知られざるマメ知識です。

その公募展では、サイズ制限があります。理由は、絵が大きい方が、全ての面で好印象を与えるからです。そこで公募展によっては、会費を払った会員は2倍の面積が許されるルールにしていました。つまり優遇措置ですね。

国際スポーツ大会を記念する学生展で、ある美術大学が制限よりも大きい号数で集団応募したことがありました。サイズが一回り大きいだけで、手軽にインパクトが増すことを常日頃から覚えていて、ズルしたんでしょうね。

なぜショボい業界ネタへ、Tシャツの話から振ったかといいますと、展覧会で大小2サイズの絵画が並んでいる光景を、特大プリントTシャツで思い出したからです。サイトカタログに並ぶ特大プリントを見て、普通のプリントに目をやると、あれっと思うほど絵がちっちゃく見えます。

萎縮したように目に映る普通のプリントをしばらくながめると、やがてそれが当たり前の大きさに戻って見えます。絵画もTシャツも並べて見くらべた時は、サイズ差がいっそう強調されます。

特大Tシャツではエリアいっぱいに絵を置くだけでなく、小ぶりな絵を周辺に片寄せて置くことも可能です。もちろん、着ると両端部が体側に回って正面から見えにくいので、難しい工夫が必要でしょうけど。

活字スローガンのように、全体が一目で読める必要がある場合は、大きすぎると逆効果ということもあります。まずは模様のような絵柄が無難かも知れません。


製品写真
バレエ シンデレラ 真夜中の柱時計03 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.04.30 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



黒とピンクのTシャツ

日本最大級のTシャツ通販店と目されるClubT社が、ついにブラックやダークカラーのTシャツを扱います。これで全てのネット通販大手で、黒シャツを買えるようになりました。

シルクスクリーンなら、白シャツよりも黒シャツは少し高いだけです。でもプリンターで印刷すると、白黒シャツの価格差が大きくなります。理由は、同じTシャツプリンターといっても、黒い布に印刷するタイプは、白インクを備えて着色部分全てをいったん白インクで染める特別仕様だからです。

ではこの特別仕様のプリンターで、ピンクやイエローなど淡いカラーTシャツに印刷するとどうなるでしょうか。実は、色が正確に出て、思ったよりもきれいな絵になるのです。

たとえば、頂上が白い富士山の絵をTシャツに印刷するとします。普通のTシャツプリンターなら、白い部分は何も塗らずに、Tシャツの布の白をそのまま見せます。だからピンクのTシャツに印刷すると、山頂は白くならずにそのままピンクになります。白は表現できません。布のピンクよりも明るい黄色を塗った時も、インクと布色が混じってやまぶき色になってしまいます。

そこで黒シャツ用プリンターを使えば、白い部分を放置せずに、ちゃんと白インクを塗りますから、ピンクの背景に抜けるように白い富士山を描けるのです。でももちろん、価格は高めになります。黒シャツと同じ値段のピンクや水色シャツがカタログに並んでいれば、このタイプになっています。

さて、ここからは難しい話。実はClubT社の黒シャツ解禁で、白インクを使わない従来の白シャツの色も少しだけ良くなります。これは入稿データに透明色の定義を追加するために、CMYKデータをやめてRGBデータを使うからです。

オフィスで使うカラーレーザープリンターも、Tシャツ用のインクプリンターも、どちらもCMYKの顔料でフルカラーを出します。そのため絵のRGBデータは、どこかの時点で必ず分解計算してCMYKデータへと置き換えざるを得ません。どの段階でCMYKに変えてもいっしょな気がしますが、実は違うんです。

書籍などの印刷出版の現場では必ず、前もってCMYK変換したデータで印刷しますが、実はこれが最もひどく色がさめて沈む手順なのです。一度もCMYK変換しないで、最後までRGBのままプリンターに送った方が、色の鮮度の落ち方はましになって、鮮やかな色に出ます。

厳密に書くなら、「ペイントソフトでCMYK変換されたデータをCMYKモードのプリンターに送るよりも、RGBデータをRGBモードのプリンターに送って、プリンタードライバーにCMYK換算させた方が、出る色は彩度が上がる」というわけです。

なぜこんなところを強調するかといいますと、「プロがやっているから一番美しいのだ」と誤解して、つとめてCMYK変換したがるアマチュアが多いからです。特にMacのDTPをかじった人はそういうイメージを持ちやすくて、オフィス内のパンフ作り作業などでよく衝突が起きます。

CMYKで印刷するより、RGBで印刷する方がきれいです。

印刷出版のプロ現場でCMYK入稿が鉄則なのは、少しでもきれいに出す目的ではなくて、スピードが目的です。業界全体で平準化された手順に乗せて、高速輪転機で大量印刷して書店に届ける、その途中で上流に差し戻しするタイムロスを省くには、手動調整しやすい原理のCMYKが有利だったのです。

Tシャツに戻ると、RGBデータを受けつけるプリンターは、ドライバーソフトがCMYK換算やCMYKW換算して印刷します。これは、CMYK変換してから印刷する従来よりも、少しでも色鮮やかな絵のTシャツになります。


製品写真
午後の気がかり01 (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.04.20 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



オリンピックのモーグルスキーTシャツ

2010年冬のバンクーバーオリンピックでも、モーグル種目の注目度は高かったですよね。日本の選手は、過去に金と銅をとっています。でも以前、こういう疑問が言われました。「雪に凹凸を作って滑って意味があるのか?」と。人工的な障害物をあえて作ることへの違和感でしょう。

実はあの凹凸は、本来どのスキー場でも勝手にできます。できる条件があって、雪が多い22度から40度の急斜面に、スキーヤーが大勢集まった時です。ゆるい斜面だったらできません。

スキーヤーが減速しようと板をずらして小回りすると、雪が掘れて横に積み上がります。後に続くスキーヤーは、高い凸部には乗っかれず、低い凹部ばかり滑ることになって、皆で寄ってたかって凹部を掘り下げ、1日で美しいコブ斜面ができます。

コブ斜面には、初スキーのビギナーを連れて行ってはいけません。トラウマで、スキーに二度と行かなくなります。その体験は、高いビルの屋上から身を乗り出して、下の地面を見て背筋が凍り付いた状態によく似ています。35度の斜面に立つビギナーは、ほぼ垂直の壁から見下ろした光景に感じます。

あまりに恐くて、声が出なくなったり、腰が抜けたりします。普通ならゆっくり滑るべきそんなコブ斜面を、あえて高速で降りるアメリカの遊びホットドッグ・レースが、日本でも草レースとして盛り上がっていました。

オリンピックのモーグル開催は、公開競技の1988カルガリー以来、2010バンクーバーで7回目。ここで統計を振り返ると、いくつかの法則が読み取れます。

開催7回で男女とも、当然21個ずつのメダルが出ています。ところが、金メダルを2度とった選手はまだいません。しかも複数のメダルをとった選手は、色が違っています。2度同じ色のメダルをとった唯一の例外は、フランスの男子グロスピロン選手です。公開の銅-公式の金-銅の順番です。

メダルを複数とった選手にはおもしろい傾向があって、まずは男女差が目立ちます。メダリストの顔ぶれは、男子は合計17人ですが、女子は13人。たったの13人で21個を分けていて、つまり女子は複数メダルの選手が多いんです。

具体的な数字は、男子は14人が1個ずつ14個とって、残りの3人が7個とっています。女子は6人で6個とって、残りの7人が15個とっています。何と、女子はメダル1個きりの選手よりも、複数メダルに輝いた選手の方が人数が多いのです。

つまり女子は一握りのハイレベル選手が、メダル争いをくり返す傾向があるのです。男子は、ヒーローが早々と入れ替わっているのに。そして近年は、後にとるメダルの方が順位が下がる傾向もあります。

「同じ選手が再びメダルをとる」「メダルの色は違う」「後にとるメダル順位は下」という3法則が浮かびあがります。この法則で全面的にこじつけて、4年後の2014ソチ大会の、モーグル女子のメダルを予想してみます。

まずアメリカのバーキー選手は今回が銅で、銀銅を持って次回はメダルなし。カナダのハイル選手は今回の銀で金銀を持つので、次回は銅。アメリカのカーニー選手は二連覇はできない法則によって次は銀か銅ですが、銅はふさがっていて銀しかないと、簡単に割りふりできます。当然、金メダルの席は空いています。誰が優勝するのでしょうか。

ここでもういちど統計を見ると、メダル獲得のタイミングにも法則があって、初登場での例はわずかです。オリンピック初回でイマイチだった若い選手が、2回目にどれかのメダルをとるパターンが圧倒的に多いのが現実です。バンクーバーの金メダリストも、前回は予選落ちでした。

とすれば次回の金メダルは、今回バンクーバーで初登場の選手です。日本でも1人該当し、村田選手がそうです。ここにも法則があって、4年後のリベンジを誓っていないとダメです。言い換えれば、初回に花が咲かなかった時点で、ひそかに優勝までも狙っていた人物です。

そして奥深く感じられるのは、選手の個性ですね。スキー板を操作してコブをクリアする動きを、一人の選手についてウォッチすれば、オリンピック初登場と引退時で、あまり変化しません。上体と脚の連動や足首の使い方などは、何年たっても固有のクセや本人らしさが出ています。

さてカービングターンTシャツです。が、モーグルの絵はまだ準備中なので、再びアルペンスキーの絵でつないじゃいます。


製品写真
スキー100年NEW (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.03.26 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



ヤマハSG-175ギターTシャツ

芸術関係で美術館に出入りしているせいで、時々、人から単刀直入にたずねられます。「芸術って何ですか?」って。

答は簡単なんですよ。形と色でオリジナルをつくることです。

もっと複雑で難しい答を浮かべた人もいるかも知れません。人の生き方だとか、心のありようだとか、精神や魂や愛とか。思想や哲学とか。それ、みんな周辺の話です。形と色でオリジナルをつくるのが難しくて、その境地にいたる道を空想したアラウンドな話なんですね。

オリジナルづくりが模倣より難しい理由は、独自の形と色を先人が大方やってしまって、後輩の取れる手が残り少ない点もあるんです。でも、誰かがヒントを出して新天地が開けると、みんなの思考が急に広がって、短期間にバタバタっと傑作オリジナルが集中する時期があります。

楽器のギター界で創造のヒントが出されたのは、1949年です。アメリカのフェンダー社がエレクトリックギターの第1号『テレキャスター(ブロードキャスターのさらに前身)』を発表しました。そしてギブソン社が1952年に『レスポール』を出します。電気弦楽器の幕開けとなりました。

1954年にフェンダー『ストラトキャスター』、1961年にギブソン後期レスポールこと『SG』が出て、12年間に2社から2種ずつ、エレクトリックギターの「四強」がそろいました。以後、音楽業界ではバンド編成や曲自体も大きく変わって、具体的にはロックが発芽しています。

他の楽器メーカーもエレキを作り始めますが、しかし意外に苦心しています。『レスポール』と『ストラトキャスター』のわずか2種が、Eギターのルックスを早々完成させたので、別のシェイプを考案しても見た目がイマイチなんですね。

日本でEギターが製造されたのは、グループサウンズの1960年代で、流行の発端はもちろんベンチャーズとビートルズです。ところがベンチャーズはアメリカのモズライト社、ビートルズはグレッチ社やリッケンバッカー社のEギターを使ったので、当時の日本製はそちら寄りのシェイプです。

日本のEギターはさらに1970年代に、新興のブリティッシュハードロックの影響を受けます。ジミー・ペイジの『レスポール』、リッチー・ブラックモアの『ストラトキャスター』でのスーパーテクニックを見て、2種のコピーモデルがどっと出たんでしたね。

そんな中1976年にヤマハ社が、過去のどのEギターとも異なる左右対称の新SGシリーズを出し、SG-175番で完成させました。洗練されたオリジナルは、グレコからも出ます。それらは国産ビンテージ楽器史の、オリジナル主義のページを飾っています。

SG-175のきわ立った特徴は、天然のメキシコアワビ貝を使ったポジションマークとボディバインディングの装飾です。まるで美術品のよう。レスポールに使われた白蝶貝にくらべて、グリーンやピンクも混じって神秘的に輝きます。


製品写真
SG-175ビンテージギター (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.03.14 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



スポ根の主役 重いコンダラTシャツ

2010バンクーバー冬期五輪の金メダル争いで、スポーツ漫画を思い起こしました。

「ライバルの勝利を食い止めて勝つために、新ワザを開発して、本番で成功させる」というのは、漫画によく見るストーリーですよね。似たことが、現実のオリンピック競技でも見られました。

たとえばフィギュアスケート男子で、メダル争いのカギと言われたのは「4回転ジャンプ」。かなり前には、スピードスケート男子500メートルの「ロケット・スタート」。前回のスキーモーグル女子では「コーク・スリー・ディー・エア」。今回は「世界一のターン」という新しいキャッチフレーズもありました。

スノーボードフリースタイル男子は、ワザが目白押しでした。成功させなければメダルは無理という、「ダブル・コーク・テン・エイティ」。おそらく人類が回せるのはここまでじゃないかと言われているワザ、「ダブル・マック・ツイスト・トゥエルヴ・シックスティ」。鮮やかにきめた選手は、金メダルでした。

「大リーグボール2号」や「スペシャル・ローリング・サンダー」「ウィニング・ザ・レインボー」の漫画と同じぐらい、観客を興奮させました。ライバルは、封じる対抗ワザを開発するか、吸収、改良して上を行くか、試練の道を行きます。解決できないと必ず負ける運命に迫られて。

苦悩する選手の日々の暮らしが、もうひとつのドラマとなる展開も、漫画と五輪は似ていました。架空の漫画も、現実から多くヒントを得ているのでしょうか。絵空事の漫画に出てくる人の意思には、現実感さえあります。

バンクーバー五輪の別の焦点に、「攻める気持ち」というのもありました。まずは「自分の力を出し切れたら満足」というもの。その上に、「一段高い力を出してやるぞ」という勝負師の姿勢があって、これが3位以内に入る秘訣だという命題が、今度も示されました。

とはいえ、攻めると失敗率も上がります。リスクとリターンの関係は、選手が一番わかっているでしょう。ボクシングのリングサイド客が、「もっと前へ出ろ」「打て、そこだ、打て」と叫んでも、選手は前へ出て打てません。出たとたんにノックアウトされる力関係の渦中にいるからです。「がんばって押せ」は無意味なのかも。

同様に、五輪4位入賞の選手に、「もう少し攻めれば銅メダルだったのに・・・」とはならないのかも。たらればを言う正当性の問題ではなく、最善を尽くした信頼性の問題です。結局は、演技直後の表情が語るものが、真実でしょうか。

それでもなお、犠牲覚悟でメダルに手を伸ばす者がいて、予定調和をくずしました。勝敗ボーダーラインの選手たちが、次々と攻めて乱世となったモーグル女子も、そのひとつ。参加だけなら意味なしと特攻が続き、会場も沸きました。「あっと、テントー」「これも、テントー」と、大騒ぎ。

ところで、新ワザも、攻める姿勢も、基礎の上に成り立ちます。漫画では、主人公のトレーニング生活も描かれます。地道な鍛錬の中で、スポーツの重い何かが語られていました。


製品写真
重いコンダラ (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.02.25 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



赤と青のいすTシャツ

このアートなイスは93年前の1917年に考案されて、今でも日本で新品が買えます。木の角棒と板で組まれていて、赤、青、黄、黒の4色で塗り分けられ、見た目がきれいで目を引きます。

作者のヘリット・トーマス・リートフェルトは、オランダのゴッホ美術館の設計者です。でも有名なのは、『シュレーダー邸』という家です。4人家族用の、内部に壁を設けない近代住宅。姫路城などと同様に、ユネスコの世界遺産に登録されています。色も姫路城のように白を基調として、デザイン・テイストにあふれています。

リートフェルトらが始めた、デ・ステイルという芸術運動のメンバーの中で一番有名なのは、画家のピエト・モンドリアンでしょう。ピカソのように「人物」「静物」「風景」の三大モチーフからの変形にとどまらず、幾何学的な無機質な絵を求めて、純粋抽象画の頂点に立ちました。

モンドリアンの究極の絵画は、タテヨコのわずかな線にアクセントカラーを加えたシンプルな造形です。ちょうど和風住宅の障子やあかり窓、床の間の簡素な造作にイメージが似ているので、実は日本にはモンドリアンの隠れファンが多いんですよ。

そのモンドリアンの絵を立体物にしたら、『赤と青のいす』みたいになるわけです。このイスをもし一色に塗ってしまうと、見かけの印象がさっぱり弱くなるので、色の大事さを知る題材にもなっています。

さて、デ・ステイルはやがて内紛を起こします。「モンドリアンが提唱し、絵画が基盤で、タテ線とヨコ線を重視、斜め線は極力ひかえる」という『新造形主義』に対して、「リーダーが提唱し、建築が基盤で、タテ線とヨコ線と、さらに斜め線も重視」という『要素主義』が対立しました。リーダーではないモンドリアンが脱退したとされます。

今の感覚では、モンドリアンの『新造形主義』の方がピュアで魅力的ですが、『赤と青のいす』は背中とお尻が当たるところが斜めで、ピュアでなく思えます。ところが、こうした脇役の斜め要素を、『新造形主義』も別にダメとは言っておらず、結果的にこのイスはデ・ステイル運動全体の優等生になっています。

この芸術運動は、デザイン界にも決定的な影響を与えて新しい伝統になり、今も応用されています。植物をあしらったりした有機曲線の飾りつけに対して、タテヨコ線をきりっと強調したデザインだとかレイアウトは、Tシャツにも時々見かけます。もちろん、和風から出発してそうなった場合もあります。


製品写真
赤と青のいす (おもしろいTシャツの店 デザインの詳細と製品

テーマ:Tシャツ - ジャンル:ファッション・ブランド

2010.02.09 | | トラックバック(0) | おもしろいTシャツ



«  | ホーム |  »

プロフィール

Small Time

Author:Small Time
よりおもしろくて意味深なTシャツ
デザイン工房のX-LADY2

検索フォーム

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。